サスペンス・ホラー

怖い話『消えたラーメン屋のおばさん』

 

行きつけのラーメン屋へ、ひと月ぶりに行ったときのこと。

カランカランとドアベルを鳴らしてお店に入ると、ドアのそばでお店のおばさんが、

 

「いらっしゃいませ」

 

と言いながら、お辞儀をしました。

 

いつもの席に座って、いつものラーメンを注文しようとおばさんのほうへ振り返ると、いままでドアの横にいたはずのその姿が見当たりません。

 

‐ どこ行ったのかな?ドアベルの音がしなかったから、外には出ていないはず ‐

 

などと思いながらキョロキョロ見渡していると、カウンターの奥からおじさんが出てきました。

わたしがいつも読んでいるスポーツ紙とお水をさし出しながら、

 

「どしたの?」

 

と、おじさんが聞いてきました。

 

「おばさんに注文しようとしたんだけど、どっか行っちゃった」

 

と言うわたしにおじさんが言いました。

 

「おばさんは一週間前にあっちの世界に行っちゃった、病気でね、「最近○○くん、来ないねえ」って心配してたよ」

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

 

関連記事

  1. ショートショート『子供の恐怖』
  2. 怖い話『手伝ってくれた人』
  3. 怖い話『二階の子供』
  4. 怖い話『手遅れ』
  5. 怖い話『窓の外から笑うもの』
  6. 創作『空の上からの悪戯』
  7. 怖い話『もうちょっとだったのに』
  8. 怖い話『プールの更衣室での出来事』

おすすめ記事

箕面市障害者雇用支援センター

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、企業での就労の継続を図るために、必要な…

就労継続支援(B型)ワイドビジョン

作業所 あいあい広場

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供するとともに生産活動その…

株式会社コセイ宇部営業所

1.事業所は利用者画面自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう当該利用者を雇用して就労の機会…

ペットショップ いきものがかり

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP