サスペンス・ホラー

怖い話『物が無くなる部屋』

 

アパートで一人暮らしの友人がいます。

アパートに越してきてから数か月、概ね快適でしたが、よく「物が無くなる」のだそうです。

 

「ねずみの仕業だと思うんだ」

 

一見ねずみが出入りしそうな隙間とか、なさそうな感じの部屋です。

 

無くなるものは、消しゴムやらボールペンやらマジックのキャップやら、いずれもたいした物ではありません。

から揚げが転がって視界から消えたと思ったら、そのまま行方不明になったこともあるそうです。

 

ある日、わたしがその部屋に泊まったときの事です。

わたしはベッドの友人の隣で、床にマットを敷き、メガネを枕元に置いて寝ていました。

 

夜中に何やら気配を感じて目が覚めました。

見知らぬ女性が椅子に座って、カーテンの隙間から外を眺めていました。

わたしは霊だと直感しました。

その女性の霊はわたしに気付くと、こちらに手を伸ばしてきました。

わたしは目を閉じて必死に念仏を唱えました。

 

朝、わたしのメガネは失くなっていました。

友人に昨夜のことを話すと意外にも、「そうか、そうか」と言う反応でした。

友人は薄笑いを浮かべて言いました。

「それは、ねずみに持っていかれたな」

 

― ねず・・・え、ねず美?・・・ ―

 

その時になって初めて、友人がおかしくなっていることに気付きました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『何にぶつかったのかわからない』
  2. 怖い話『畑の中に佇む女』
  3. 怖い話『何かいた』
  4. 怖い話『夜中の路線バス』
  5. 怖い話『事故物件での出来事』
  6. 怖い話『水の中へおいで』
  7. 怖い話『お前がいないと』
  8. 怖い話『デジャブ』

おすすめ記事

阪急電鉄『高槻市駅』の周辺紹介

阪急高槻市駅はプラットホーム2面、線路4線の高架駅です。3階に駅があり1階2階は商業…

野田市立あすなろ職業指導所

利用者一人ひとりの基本的人権と個性を尊重し、一人ひとりの立場に立ち、利用者の自己実現を支え、自立を目…

就労継続支援事業所 匠

1)当事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の…

就労継続支援B型事業所 ピュアマインド

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であっ…

NPO GUMP

(1) 利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情を踏まえた計画(以下「個別支援計画」という。)を作…

新着記事

PAGE TOP