サスペンス・ホラー

怖い話『帰ってきたよ』

 

ある田舎町での出来事。

 

学校帰りの女の子が、突如「行方不明」になりました。

警察と町の人たちが捜索すると、通学路の途中の林の中でその女の子は惨殺体で発見されました。

犯人がわからないまま事件は迷宮入りしました。

 

ショックを受けた遺族は間もなく町を出て行きました。

それから十数年経って、町は開発が進み大きな道路が出来て、路線バスが走るようになりました。

少女の住んでいた家も取り壊され、跡地にバス待合所ができました。

 

ある晩、一組の夫婦がお酒を飲んだ帰りに、その待合所でバスを待っていました。

うとうとしていると、ドアを叩く音がしました。

風がドアを叩く音だろうとそのまま寝入ろうとしました。

 

耳を澄ましていると、風の音に混じって何か聞こえてきます。

 

「お母さん・・・、お母さん・・・、お母さん帰ってきたよ・・・」

 

顔を上げて見ると、血まみれの女の子がドアを叩いていました。

 

その日はちょうど事件のあった日でした。

女の子は家が無くなっていることに気付かず、帰ってくるのかもしれません。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『のぞく子供』
  2. 怖い話『自分だけが違う夜』
  3. 怖い話『水浸しの郵便受け』
  4. 怖い話『事故物件での出来事』
  5. 怖い話『よなかのでんわ』
  6. 怖い話『上に行くよ』
  7. 怖い話『落ちていった人影』
  8. 怖い話『何にぶつかったのかわからない』

おすすめ記事

らいくすのごはん

少しでも多くの地域に特定非営利活動法人が運営する、“障害者の利用施設”を設立し、障害に関係なく仲間と…

ワークショップ絆

障害者自立支援法に基づく「身体・知的・精神障がい」を持ったの就労支援事業を行っております。 就労継続…

ちょんこめ作業所

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、障害者自立支援法施行規則第六条の十第二…

就労継続支援事業所 福祉の森の家 体にいいおにぎり屋 

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供すると…

あかりとみのり相木分所 

新着記事

PAGE TOP