サスペンス・ホラー

怖い話『かまくら』

 

東北地方出身の友人から聞いた話です。

 

彼の町では毎年冬になると、かまくら祭りをするそうです。

大人たちがかまくらを作り終わり、会場周辺道路の除雪作業をしていた時のことです。

 

ふと手を休めて会場を見ると、かまくらの間を縫うように小さな男の子が走りまわっていました。

その時は

 

―見かけない子だけど、どっかの親戚の子が遊びに来てるのだろう―

 

程度に思っていたそうです。

 

しばらくして、また会場を見ると、いつの間にか女の子もいました。

ふたりは鬼ゴッコをしている様子で、女の子が男の子を追いかけています。

 

「あの子ら、どこの子だ?」

「さあ、見かけない子供らだな」

 

などと話しながら見ていると、男の子がかまくらの中へ飛び込んで行きました。

それを追いかけて女の子も飛び込んで行きました。

 

するとそのかまくらが、グシャっと崩れてしまいました。

 

大人たちが慌てて救助に向ったのですが、そこには男の子も女の子も見つけることができなかったそうです。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『そうですって言っていたら・・・?』
  2. 怖い話『のぞく子供』
  3. 怖い話『音が鳴る』
  4. 怖い話『スリッパ』
  5. 怖い話『畑の中に佇む女』
  6. 怖い話『停電』
  7. 怖い話『駆け込んできたもの』
  8. 怖い話『とある砂浜での出来事』

おすすめ記事

ワークス本町

主に精神障害を持たれた方を対象として、さまざまな作業を通して生活能力の維持向上を図るとともに、安定し…

みらい塾 

1.サービスの質の向上と業務の効率化 2.運営基盤の安定 3.人材育成(研修)の重要性 4.防災、安…

地域活動支援センター こころの里

ワークセンター「あい」

さぽーとすてーしょんアミカ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者の身体の状況、その置かれてい…

新着記事

PAGE TOP