サスペンス・ホラー

怖い話『畑の中に佇む女』

 

GWも過ぎてどんどん暑くなってきますね。

寝苦しさも感じられるようになった昨今ですが、

こんなゾクゾクするような怖い話はいかがでしょう。

 

早速ですが、『畑の中に佇む女』を紹介します。

 

それは12月初旬頃の話でした。

自転車で買い物に行く途中のこと、畑の中に女の人がぼんやりと佇んでいるのに気付きました。

その人は冬場なのに肩の出たワンピースみたいなのを着ていたのです。

「寒くないのかな?何してんのかな?」

なんて思って眺めていました。

よく見ると、ソレは体が透けていたのです。

「あれ?人じゃないのか?」

わたしは蜃気楼か、何かが人の形に見えてるだけなのかな?などと思ったので、自転車を止めて小石を拾い、ポーンとソレの足元へ投げてみました。

すると、ソレがゆっくりこちらに振り向こうとしたのです。

その瞬間、わたしは「ヤバイ!」と感じ慌てて自転車を走らせ、その場を離れようとしました。

 

前だけを見つめて必死に自転車をこいで逃げるわたしの耳元で、

「どうして?どうして?」と女の声がしました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『ごめんね』
  2. 怖い話『誰のお母さん?』
  3. 怖い話『預かったバイク』
  4. 創作『空の上からの悪戯』
  5. 怖い話『入れ違いの女の子』
  6. 怖い話『とある砂浜での出来事』
  7. 怖い話『絵の女』
  8. 怖い話『デジャブ』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ステップあそかの園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

鹿沼愛隣福祉センター

利用者主体・隣人愛の精神を土台として、共に支えあいながら その人らしく生き、暮らし、働くことのできる…

こだま

基本方針 1、利用者(児)が心豊かに過ごせるよう支援します 2、地域との絆を大切に福祉の充実に貢献い…

就労継続支援B型事業所 サンライク

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスの提…

リカバリーハウス

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

新着記事

PAGE TOP