社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう

 千葉の障碍者施設でコロナウイルスの集団感染があった。対象者は福祉施設の職員、利用している障碍者とその家族。感染者数は100人を超える勢いで、留まるところを知らない。最終的には感染者が200人に達する可能性も充分にある。…

怖い話『死んだのですか?』

『桜絨毯』―桜と風を感じながらー

「運」の善し悪しなんて気にしないで下さい! 

「桜の花びら」―春が来ると時が早く感じるー

支援者から虐待されていると思う利用者は多い

風呂に入りたいのに、入れない気持ちの時の対応策

『桜絨毯』―桜と風を感じながらー

自転車で坂道を…降りると…桜の絨毯が一面に…広がっていた。風と桜を感じながら…ある場所へと向かった。文章…

「桜の花びら」―春が来ると時が早く感じるー

「春」―新たな春に新しい事を始めてみよう!ー

『別れは必ず来るもの』―別れが辛くなる前に、もっと楽しもうー

『毎日使った机』―本当に今までありがとうー

社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう

 千葉の障碍者施設でコロナウイルスの集団感染があった。対象者は福祉施設の職員、利用している障碍者とその家族。感染者数は100人を超える勢いで、留まるところを知らない。最終的には感染者が200人に達する可能性も充分にある。…

コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった

タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想

受診しなくとも薬を処方される措置が一時的に講じられている…

コロナウイルスで選抜中止

すべての記事を表示する

ピックアップ記事

障がい者労働について

A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていける…

 A型作業所にて施設外就労に取り組んでいる利用者は、一般就職にどんどんチャレンジしてもいいのではなかろうか。 どうしてそのようにいうのかというと、施設外就労をコンスタントにこなせて…

ボスフラの人気4コマ連載

惹きつけられる魅力

『お薬ちゃん<エチゾラム>』http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html©エチゾラム:デパ…

福祉・医療の話題

支援者と利用者のあるべき関係は一部分で崩壊している

 支援者と利用者(障碍者)の関係で求められるのは、支援する側が能力の部分で利用者を上回っていること。下回るのは論外で、追いつかれることも許されない。指導する立場として、常に利用者の上に…

生き方

人生は不平等だが光も差し込んでいる

 人生はつくづく不平等にできている。 平等といえるのは地上に誕生し、生命を全うしたら魂を天に返上することのみ。家庭環境、周囲の環境、生まれつきの才能、人間との出会い、容姿(顔のパー…

2020年04月

おすすめ記事

どんぐり

障害者の日常生活を支援する事業や就労支援に関する事業を行い、全ての障害者が生きがいを持って、人間らし…

竹田市 心の相談支援事業所

ビストロ庵タンドール

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に飲食業を中心とした作業環境を提供…

甲斐の木

1 A型計画(以下、「個別支援計画」という。)に基づき、利用者の心身の状況等に応じて、その者の支援を…

福祉介護ニュース

Photo on Foter.com
PAGE TOP