サスペンス・ホラー

怖い話『断崖の遺物』

 

かつて、わたしの父親の田舎の町外れに断崖がありました。

結構な景観で、わたしもガードレールから身を乗り出して、波打ち際を覗き込んだりしたものです。

ちょっとした観光スポットにもなりうるところでした。

それと同時に自殺の名所でもあったのです。

そこから人が飛び降りてしまうのです。

従兄がそこで死体を見つけて騒ぎにもなったこともあるほどです。

 

そんな断崖も20年ぐらい前に地域開発のため削られ、あとに遊歩道が作られました。

断崖を火薬を使って切り崩す様子はテレビでも紹介されました。

 

断崖がなくなったことで、自殺志願者はまったく来なくなりました。

しかしそれに変わって、怪奇現象が起きるようになったというのです。

 

その遊歩道を歩いていると、突然上から人影が落ちてきて、

― ファッ!! ―

と身をかがめるものの、何もないという事が起きるのだそうです。

 

そこはよくタヌキが出没する地域でもあります。

タヌキのイタズラかも知れませんがね。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『事故物件での出来事』
  2. 怖い話『農道のトイレ』
  3. 怖い話『おじいさんが寝てるんや』
  4. 怖い話『絵の女』
  5. 怖い話『ジョギングコースの自転車』
  6. 怖い話『水の中へおいで』
  7. 怖い話『上に行くよ』
  8. 怖い話『開かない襖』

おすすめ記事

働き教育センター大津 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労に向けた支援として生活介護、自立訓練…

なんでも屋 ZONO

(1)安心感ー利用者が安心して通える職員の対応と環境作りに努めます。 (2)個性と長所の尊重ー一人一…

フルール

・利用者が自立した日常生活または社会生活が営むことができるよう就労の機会を提供するとともに、生産活動…

障がい者地域生活自立支援センター(ばんそうS&S)大地阿南

Beeすけっと

・基本理念の再確認…「利用者主体・利用者中心」の基本理念を崩すことなく、利用者のニーズを大切にしなが…

新着記事

PAGE TOP