サスペンス・ホラー

怖い話『ウォータースライダー』

 

中学生の夏休みに仲間とプールへ行ったときのこと。

2レーンのウォータースライダーで友人と競争することになりました。

 

スライダーの上から見下ろすと、プールサイドに数人が座って、わたしたちをはやし立てています。

わたしは「よーい、ドン」と掛け声をかけ、勢いをつけてスライダーに滑り出します。

 

水面に向ってどんどん加速していきます。

横で滑っている友人がわたしの視界から消えます。

自分が前に出たようです。

 

そのまま勢いよく水に飛び込みました。

遅れて友人が飛び込んできました。

水中からも聞こえるほど歓声が沸き上がっています。

 

わたしが水面から顔を出すと、途端にさっきまでの歓声がなくなり静まり返りました。

 

見ると、

プールサイドにいた人たちが忽然と消えていました。

周りを見渡しても、わたしたちだけがその場にポツンと取り残されたような状態です。

 

友人も腑に落ちない顔でわたしに近付いて来ると、

「そこにいた人らはどこへ行った?」

と聞いてきます。

 

一緒にプールサイドに上がってみるとそこには、いくつものお尻のあとだけが残っていました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『手遅れ』
  2. 怖い話『ずるいよ』
  3. 怖い話『お前は死んでるのか?!』
  4. 怖い話『あしあと』
  5. 怖い話『白い部屋』
  6. 怖い話『ジロジロ見るんじゃないの!』
  7. 怖い話『相談事』
  8. 怖い話『もうひとりいたはず』

おすすめ記事

愛西の里たつた

 障害があっても、ひとりの人間として尊厳を持って住み慣れた地域で生活できるよう、個々のニーズに合わせ…

ジョブウェル

当事業所は、利用者に対して、通常の事業所での就労の継続を図るために必要な当該通常の事業所の事業主、障…

アクセルトライ おおた

フルクテン

一般就労を目標の、基礎知識を学び、職場体験を実施していく…

カーサ・アミ

当事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の…

新着記事

PAGE TOP