サスペンス・ホラー

怖い話『仏間の少女』

 

今日は誰もいないというので、友人の実家に遊びに行った時のことです。

 

友人の部屋へ案内されていく途中、仏間がありました。

中を覗くと、仏壇に向って女の子が座っていました。

わたしは友人の妹さんだと思い、軽く会釈しました。

 

するとその子は、仏壇を指差し

「お母さん」

と言いました。

友人は何年も前に、母親を亡くしていたのでした。

 

わたしは、誰もいないはずでは?などと思いながら、立ち止まって見ていると、

「おい、早く来いよ」

と友人の声がしました。

わたしは友人に促されて、そこを後にしました。

 

友人の部屋に入ると、わたしは手土産に持ってきたケーキを渡しながら、

「おまえとふたりで食べるつもりだったから、ふたつしか買ってこなかった。俺の分はいいから、妹さんにあげたって

 

すると、友人は

「おれに妹はいないぞ?」

 

さっき仏間にいた女の子のことを話すと、

友人が生まれる前に、彼の母親は一度死産していることを話してくれた。

 

- ああ、妹さんじゃなく、お姉さんだったのか -

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『夢の中……。』
  2. 怖い話『あしあと』
  3. 怖い話『二階の子供』
  4. 怖い話『ドアが開けられないの』
  5. 怖い話『窓の外から笑うもの』
  6. 怖い話『ジロジロ見るんじゃないの!』
  7. 怖い話『降ります!』
  8. 怖い話『お母さんがいない』

おすすめ記事

障がい者デイセンターさくら

ご利用者のご家族の気持ちに寄り添い安心と誇りある暮らしの実現に向けての支援に努める 地域交流を大切に…

【人の数だけ】

下にあるものとないもの上にあるものとないもの右にあるものとないもの左にあ…

『音』

誰かの笑い声…外の音…時計の音…&nbs…

ソーシャルファームかがやき

ソーシャルファームかがやきは、良き隣人として地域の障がい者に寄り添い、ご家族を支えつつ、一般事業所で…

いきいきセンター障害者一般相談支援事業所

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP