サスペンス・ホラー

怖い話『チャイルドシート』

 

大学も夏休みに入り、2年ぶりに帰省したときのこと。

 

2年ぶりということもあり、お隣の坊やもすっかり大きくなっていました。

念願の第一子ということもあって、かわいくって仕方がないのでしょう、移動するときはいつも、自転車のチャイルドシートに坊やを乗せています。

すれ違う際にはいつも、お母さんとは「こんにちは」と声を掛け合います。

坊やは恥ずかしいのか、お母さんの背中にぴったりと顔をつけています。

 

あるとき、パート先から戻った母親に、

「お隣の母子って、いつも一緒だね」と言うと、

母親は不思議そうにわたしを見てきました。

 

「あのお宅の坊や亡くなったよ」

 

半年も前に病気で、亡くなっていると言うのです。

わたしがいつも見かけると言うと、

「その子、どんな顔してた?」

 

それから、数日後の雨の日にその母子とすれ違いました。

母親は雨具を着込んで、自転車に乗っていました。

母親の背中に顔をうずめた子供は、雨ざらしになっていました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『テレビの前の子供』
  2. 怖い話『デジャブ』
  3. 怖い話『絵の女』
  4. 怖い話『砂山』
  5. 怖い話『赤い月』
  6. 怖い話『塀の裏側に見たもの』
  7. 怖い話『壁の中から』
  8. 怖い話『ごめんなさい』

おすすめ記事

ぬくもり・スマイル

Cocorport 船橋Office

関係法令の遵守と他の社会資源の連携を図り、適切かつきめ細やかな就労定着支援のサービスを提供する。…

のぞみコミュニティ障害者支援センター

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

脳性麻痺があっても前に進み続ける

 脳性麻痺であっても高校に通いたい、そんな夢に挑戦している一人の若者について取り上げ…

社会就労センターわかたけ (地図不明)

指定生活介護の実施に当たって、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、…

新着記事

PAGE TOP