サスペンス・ホラー

怖い話『隣のスナック』

 

父は一時期、幼いわたしを川向こうの商店街の寿司屋に連れて行ってくれました。

 

その寿司屋の奥の扉を開けると、長い通路がありました。

その左右が居住スペースになっており、そこを通り抜けた先トイレがありました。

トイレの横に建物の出口があり、幅1メートルほどの路地を挟んで隣の建物の扉がありました。

そこはスナックの裏口になっており、そこから時折歌声も聞こえてきました。

 

幼かったわたしはトイレで用を済ました後、わざとそこの扉を開いて店内の人の反応を窺って楽しんでいました。

 

ある時、父と一緒にトイレに立ったときに、父の制止を聞かずにスナックの扉を開けました。

扉を開けると室内が真っ黒で、まるで火事のあとのようでした。

 

父の話では、そこはだいぶん前に、小火を出してからずっと放置されたままなのだそうです。

わたしは狐につままれたような気持ちでしばらく立ちすくんでいました。

 

今思えば、向こうもそんなわたしの反応を見て、楽しんでいたのかもしれません。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『戻ってきたのは誰?』
  2. 怖い話『階段からくる子』
  3. 怖い話『停電』
  4. 怖い話『自動』
  5. 怖い話『ヘッドライト』
  6. 怖い話『ごめんね』
  7. 怖い話『スリッパ』
  8. 怖い話『お母さんがいない』

おすすめ記事

余った牛乳、パンを持ち帰る

 市立堺高校の男性教諭が4年間にわたって給食で余った牛乳、パンを持ち帰ったとして処分…

アストルテ

1.利用者が自立した日常生活または社会生活が営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産…

ユーファームさくら

夢空間こころぴあ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に就労の機会を提供するとともに、…

多機能型事業所ラボリ

利用者の主体性を重んじ、以下の点を大切にした運営を進めます。 1.利用者の立場になって支援します。 …

新着記事

PAGE TOP