サスペンス・ホラー

怖い話『こっちだよ』

 

仕事終わりにスーパーに寄ってからの帰りのこと。

狭い路地を歩いていると、突然、前方の物陰から小さな女の子が顔を出し

 

「こっちだよ」

 

と言いました。

 

後ろを振り返るが、わたし以外誰もいません。

 

― 誰かと間違えてるのか? ―

 

その子はわたしの先を軽い足取りで、スキップを踏むように楽しそうに進んでいきます。

路地を出たところで女の子を見失ってしまいました。

わたしが進みたい方向へと行こうとすると、

 

「こっちだよ」

 

再びわたしを誘う声がしました。

わたしの足は自然と声のする方へと向きました。

 

いくつもの民家の間を通り抜け、角を曲がったところでわたしの目に飛び込んできたのは、献花台でした。

そこにはたくさんの花束やお菓子、ジュース、絵本などがお供えされていました。

 

それを見た瞬間、近所で幼女虐待死事件が起きたというお昼のニュースを思い出しました。

 

わたしはレジ袋からスナック菓子を取り出しお供えして、手を合わせました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『深夜のコンビニバイト』
  2. 怖い話『入れ違いの女の子』
  3. 怖い話『あれはオバケに違いない』
  4. 怖い話『友達を呼んでいる』
  5. 怖い話『ずぶ濡れの人』
  6. 怖い話『デジャブ』
  7. 怖い話『死んだのですか?』
  8. 怖い話『午後の授業中の怪』

おすすめ記事

🌙今週の12星座占い🌙 (7月15日~7月21日)

🌙今週の12星座占い🌙(7月15日~7月21日)…

キッチンせいしょう

基本理念「利用者の意思支援」 支援を決めるのは利用者様です。ご自身の人生を自分らしくあゆんでいただく…

岩見沢あかり家

事業所が行う指定就労移行支援の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就…

多機能型事業所 かづの就労センター

一般の事業所に就労することが困難な 利用者に対して就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動…

『認めて…』

どんなに頑張って…どんなに努力しても…周りは…

新着記事

PAGE TOP