サスペンス・ホラー

怖い話『ドアの前で待つ女』

 

わたしは電車のドアの前で、スマホをいじりながら立っていました。

駅に停車し、ドアの向こう側に女の人が立っているのが見えたので、脇によりました。

しかし、ドアが開いても女の人は乗り込もうとはしません。

肩にかけた赤いショールが印象的です。

 

  • 急行を待ってるのかな? -

 

間もなくドアが閉まり、電車は走り出しました。

 

次の駅に停まりドアが開くと、またそこに女の人が立っていました。

その人も赤いショールをかけていました。

それはさっきと同じ人のように思えました。

脇によって道をあけましたが、その人も乗り込まず、そのまま電車は走り出しました。

 

まさかと思いながら、次の駅の到着を待っていると、やはり赤いショールの女の人が立っていました。

ドアが開いても乗り込もうとはしません。

思わず女の人と目が合いました。

その時、女の人は微笑を浮かべて言いました。

 

「さっきから、あなたが降りてくるのを待ってるんですけど・・・」

 

その次の駅では反対側のドアが開きました。

わたしは迷わず電車から降りました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『こぼれる光』
  2. 怖い話『よなかのでんわ』
  3. 怖い話『赤い月』
  4. 怖い話『夜中のお使い』
  5. 怖い話『ボスママの眼』
  6. 怖い話『新聞の勧誘』
  7. 怖い話『わたしはここにいる』
  8. 怖い話『テレビの前の子供』

おすすめ記事

コペルタ貴志園

利用者一人ひとりの気持ちや想いを尊重し、自由な雰囲気を大切にしたいと考えている。また、基本方針として…

グルーブ

吉備ワークホーム

1.利用者の自立生活移行と社会活動への参加を促進し支援するために必要なサービスを適切に行います。 2…

『寝なくていいよ』―寝られない日だってある―

寝られない夜は…無理に寝ない。寝ようと思えば…

障がい者就労支援事業書 わーくるほーぷ

障がい者の能力や適性に応じた働く場、生活の場、生活を楽しむ場の創出、提供に関する事業を実施し、障がい…

新着記事

PAGE TOP