サスペンス・ホラー

怖い話『床に寝そべる子供』

 

大通りからはずれたところにある、ほとんど利用したことがないコンビニに入りました。

缶ビールのコーナーへ行こうと、通路を横切ると、上半身裸の子供がうつ伏せに倒れていました。

一瞬、

 

  • 何事?! -

 

と驚きましたが、今は盛夏、コンビニのひんやりした床に寝そべって、涼をとっているんだなと思い直しました。

わたしはその子を跨いで、缶ビールのコーナーへ向かいました。

 

後日、そのコンビニが閉店したと聞かされました。

 

「立地が悪くて、客が来なかったんだな」

 

と言うわたしに友人は言いました。

 

「いや、裸の子供の霊が出るからだとか」

 

「あ、その霊、跨いだかもしれない!」

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『廃墟ビルの鉄扉』
  2. 怖い話『カーテンの裏の子』
  3. 怖い話『仮眠室での出来事』
  4. 怖い話『駆けてくる男』
  5. 怖い話『かまくら』
  6. 怖い話『地域ルール』
  7. 怖い話『お出かけかい?』
  8. 怖い話『案山子』

おすすめ記事

スタジオとまと

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

ハートスイッチ岡山南校

利用者の意思及び人格を尊重し、常にその者の立場に立ったサービスの提供に努める。 利用者が自立した日常…

就労継続支援B型事業所 ぽっかぽか

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正な且つきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスを…

ふれあい作業所「鹿音(かのん)」

「働きたいけれど…」障がいがあるためになかなか働けない。また、「働けるかどうか自信がない」などの”不…

UniZone

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP