サスペンス・ホラー

怖い話『デジャブ』

 

大学内の親睦を兼ねた、サークル対抗のボーリング大会が開催された時のこと。

ボーリング大会を無事に終え、解散します。

 

サークルの者がそれぞれの車に乗り込みます。

 

「じゃあねー」

 

「またねー」

 

最初の一団が車の窓から手を振りながら、ボーリング場の地下パーキングエリアを出て、帰路につきます。

それを主催者たちが、手を振り返して見送ります。

しばらくして、次の一団が地下パーキングエリアから出てきました。

 

「じゃあねー」

 

「またねー」

 

車の窓から手を振りながら、ボーリング場をあとにして行きました。

 

「あれ?いまのサークルさっき出ていかなかった?」

 

「ああ、おれもそんな気がしてた」

 

それ以来、そのサークルは「デジャ部」と呼ばれるようになった。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『走る男の子』
  2. 怖い話『待っている人』
  3. 怖い話『ジョギングコースの自転車』
  4. 怖い話『闇の中のヒモ』
  5. 創作『天上からの密かな企み』
  6. 怖い話『眠る男』
  7. 怖い話『消えたラーメン屋のおばさん』
  8. 怖い話『とめたらアカン』

おすすめ記事

相談支援事業所 おおぞら

パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチームがあったから

 パラリンピックは身体障碍者の大会というイメージが強い。学力に劣る知的障碍者の競技が…

指定相談支援センター ホープ

就労継続支援事業所 やわらぎ

利用者の意志や人格を尊重することを念頭に、自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、就労…

みつき

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP