サスペンス・ホラー

怖い話『看板人形』

 

買い物に行く途中、看板屋があります。

その看板屋の前に、見慣れない男の子が立っていました。

白い顔をして口元の近くにパンのようなものを持って、全く微動だにしません。

 

  • パン屋の看板人形かな? -

 

その前を通る際に、

 

「よくできた人形だな」

 

などと思いながら、身をかがめて顔を覗き込みました。

目玉が動いてこちらをギロッと見ました。

 

  • あ、人だった! -

 

わたしはそそくさと、その場を離れました。

 

しかし、しばらく進んだところで、わたしは忘れ物に気づきました。

今来た道を引き返し、再びさっきの看板屋の前を通ります。

 

すると、看板屋の中から何やら声が聞こえてきました。

 

「ここにあったパンどこいった?おまえ、食べた?」

 

「知らないよ、ネズミが持って行ったんじゃないの?」

 

それは看板屋の夫婦の会話でした。

 

見ると、さっきの男の子が手に持っていたパンが消えていました。

それはすっかり目も動かない、ただの看板人形になっていました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『プールの更衣室での出来事』
  2. 怖い話『手遅れ』
  3. 怖い話『かまくら』
  4. 怖い話『死んだのですか?』
  5. 怖い話『物が無くなる部屋』
  6. 怖い話『水の中へおいで』
  7. 怖い話『夢の中……。』
  8. 怖い話『取りに来て』

おすすめ記事

アダージョ

おおの福祉会基本方針 1.スタッフ一人ひとりが大切にされ認められその気持ちが尊重される。 2.毎日、…

ペシミスティックな時もある

 「人間」って信用できない。 狡賢さを身に着けた、彼らの頭にある…

さつき園

色々な年代の利用者さんたちと楽しく関わり合う中で、成長できるよう支援します。また集団生活の中で社会の…

台風被害の主題が、ローカル空港?ハブ空港?

9月9日、成田空港では「台風15号」の影響で高速バスや鉄道による都心へのアクセスが断…

吉備の里なでしこ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP