サスペンス・ホラー

怖い話『夜のジョギング』

 

その日、会社からの残業帰りに、いつもと違う道を通ってみることにしました。

それは運河と並行している遊歩道です。

顔の高さぐらいある堤防沿いに自転車を走らせ、夜風を楽しんでいました。

 

前方の陸橋から車のライトが飛び込んできました。

ふと脇を見ると、堤防フェンスからひょっこりと突き出す形で、人の頭がライトの中に照らし出されていました。

わたしは一瞬驚きましたが、堤防の向こう側にも船が係留するための足場が続いていることを思い出しました。

どうやらジョギングをしているようです。

その人はわたしの自転車と、同じスピードで走っています。

目が合うと、その目がニコッと笑いかけてきます。

 

車のライトが逸れ、辺りは再び元の暗さに戻りました。

横を見ると、さっきまでの人がいません。

 

‐ 急に暗くなって踏み外して、運河に落ちた?! ‐

 

わたしは慌てて自転車を停め、フェンスから身を乗り出して運河を覗き込みました。

そこのフェンスは足場から、ゆうに3メートルはある高さになっていました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『テレビの前の子供』
  2. 怖い話『手伝ってくれた人』
  3. 怖い話『待っている人』
  4. 怖い話『地域ルール』
  5. 怖い話『闇の中のヒモ』
  6. 怖い話『押し入れにいたもの』
  7. 創作『天上からの密かな企み』
  8. 怖い話『床に寝そべる子供』

おすすめ記事

就労サポートセンター紙風船

障がいをもつ人たちにとって、就労するということが生きていくうえでの当たり前の選択肢として考えられるよ…

利用者が労働や集団活動を通じ人として豊かな成長ができるように援助を行うことを目的とします。また地域社…

在宅支援センター ゆいとぴあ

支援センターさくら

地域との結びつきを重視し、市町村、他の障害福祉サービス事業者、相談支援事業所、障害支援施設、その他福…

倉敷市まびの道

福祉サービスを必要とされる方の個別支援計画(サービス計画)に沿って、日中活動の場(就労継続支援B型)…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP