サスペンス・ホラー

怖い話『自分だけが違う夜』

 

修学旅行の夜。

消灯時間を過ぎても、みんなでワイワイ騒いでいました。

枕投げをする者、ゲームをする者、それぞれです。

わたしは友人たちとプロレスごっこをしていました。

 

突然、扉がガラッと開きました。

見回りの先生です。

 

「コラッ、早よ寝んか!消灯時間過ぎとるやないか!」

 

みんな慌てて、それぞれの布団に潜り込みます。

 

「早よ寝えよ」

 

明かりを消して、先生が部屋を出て行きます。

扉がパタンと閉められた瞬間、

 

- ドサッ! -

 

わたしの上に誰かが、飛び乗ってきました。

 

『プロレスのつづきか!?』

 

布団を跳ね除け、飛び起きると、そこには誰もいませんでした。

みんなスヤスヤと布団を被って、寝ています。

 

- 今、飛び乗ってきた感覚は何だったんだ? -

 

翌朝、みんなにあの後、何かに飛び乗られた話をしました。

 

「心霊体験したの、俺だけか?」

 

 

「自分は金縛りにあって、動けなかった」

 

と、ひとりが言うのを皮切りに、

 

「おれも」

 

「俺も」

 

「オレも」

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『入れ違いの女の子』
  2. 怖い話『なきごえ』
  3. 怖い話:『見える人、見えない人』
  4. 怖い話『農道のトイレ』
  5. 目が覚めれば
  6. 怖い話『ガラス越しのポスター』
  7. 怖い話『ウォータースライダー』
  8. 怖い話『赤い月』
PAGE TOP