サスペンス・ホラー

怖い話『眠る男』

 

小学生の頃、空き地で三角ベースボールをしていた時のこと。

 

ボールが開いた窓の中に飛び込んでしまいました。

中を覗くと、男の人が仰向けになって昼寝していました。

ボールは部屋の隅に見えます。

 

「すいませーん、ボール入っちゃったんですけど」

 

と呼びかけてみました。

 

すると男の人は頭をむくりともたげて

 

「入ってない」

 

ぶっきらぼうに言うと、そのまま、また寝てしまいました。

どうやらその人に頼むのは無理のようです。

 

別の家の人に頼んで、ボールを返してもらおうと、表玄関に廻りました。

するとそのお宅は、祭壇を運び込んだり、花輪の取り付けなどお通夜の準備をしていました。

 

― さっきの人は身内に不幸があったので、不機嫌だったのか ―

 

ボールを取ってくれとは言いにくい状況です。

わたしたちは再び窓側に廻りこみました。

 

― すぐそこにボールあるのになぁ ―

 

と怨めしく思いながら、部屋の中を覗いていると、

葬儀屋らしき黒服の人が入ってきて、寝ている男の人の顔に、白い布をかぶせました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『煎餅缶事件』
  2. 怖い話『よなかのでんわ』
  3. 怖い話『のぞく子供』
  4. 怖い話『走る男の子』
  5. ホラー:『不可解な出来事1』
  6. 怖い話『夢の中……。』
  7. 怖い話『駆けてくる男』
  8. 怖い話『電話が鳴った』
PAGE TOP