サスペンス・ホラー

怖い話『こっちだよ』

 

仕事終わりにスーパーに寄ってからの帰りのこと。

狭い路地を歩いていると、突然、前方の物陰から小さな女の子が顔を出し

 

「こっちだよ」

 

と言いました。

 

後ろを振り返るが、わたし以外誰もいません。

 

― 誰かと間違えてるのか? ―

 

その子はわたしの先を軽い足取りで、スキップを踏むように楽しそうに進んでいきます。

路地を出たところで女の子を見失ってしまいました。

わたしが進みたい方向へと行こうとすると、

 

「こっちだよ」

 

再びわたしを誘う声がしました。

わたしの足は自然と声のする方へと向きました。

 

いくつもの民家の間を通り抜け、角を曲がったところでわたしの目に飛び込んできたのは、献花台でした。

そこにはたくさんの花束やお菓子、ジュース、絵本などがお供えされていました。

 

それを見た瞬間、近所で幼女虐待死事件が起きたというお昼のニュースを思い出しました。

 

わたしはレジ袋からスナック菓子を取り出しお供えして、手を合わせました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『絵の女』
  2. 怖い話『泣く傘』
  3. 怖い話『姉の留守番』
  4. 怖い話『バタバタバタ』
  5. 怖い話『預かったバイク』
  6. 怖い話『ヘッドライト』
  7. 怖い話『おじいさんが寝てるんや』
  8. 怖い話『電車内のいたずらっ子』
PAGE TOP