サスペンス・ホラー

怖い話『プールの更衣室での出来事』

 

大学のサークルの女子が、小学校時代にプールに行ったときの事を話してくれた。

 

更衣室で着替えをしていると声がした。

 

「○○ちゃん、いる?」

 

友達とグループで来ていたのだが、グループとは違う友人の声だ。

声からして同じクラスのAであることがすぐにわかった。

おそらく、あとからプールに来て、他の子からわたしも来ていると聞き、声を掛けてきたのだろう。

 

ここの更衣室は足元が見えるような仕切りになっている。

その仕切りの下から、花をあしらった白とピンクのサンダルが見える。

くるぶしにふたつ並んだほくろが目立つ。

 

「今ちょっと手が離せない、すぐ出る」

 

「○○ちゃん、いる?」

 

「うん、すぐ着替え終わるから、ちょっと待って」

 

「○○ちゃん、いる?」

 

「ちょっと、待ってって」

着替え終わる寸でのところで、Aは走り去ってしまった。

 

友人達にAのことを聞くと、

「A来てたの?知らなかったー」という返事だった。

 

後日、Aと会ったときに、プールでのことを聞いてみた。

彼女はその日はプールに行っていないという。

「別の人と間違えてるんじゃない?」

というAに、白とピンクのサンダルとくるぶしのホクロのことを話した。

するとAは言った。

「あっ、それ、わたしの足だ」

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『見ていたのは同じ人?』
  2. 怖い話『作業服の男』
  3. 怖い話『古い写真』
  4. 怖い話『闇の中のヒモ』
  5. 怖い話『誰かいたはずなのに』
  6. 怖い話『知らん子』
  7. 怖い話『案山子』
  8. 怖い話『ドラム缶』
PAGE TOP