サスペンス・ホラー

怖い話『チャイルドシート』

 

大学も夏休みに入り、2年ぶりに帰省したときのこと。

 

2年ぶりということもあり、お隣の坊やもすっかり大きくなっていました。

念願の第一子ということもあって、かわいくって仕方がないのでしょう、移動するときはいつも、自転車のチャイルドシートに坊やを乗せています。

すれ違う際にはいつも、お母さんとは「こんにちは」と声を掛け合います。

坊やは恥ずかしいのか、お母さんの背中にぴったりと顔をつけています。

 

あるとき、パート先から戻った母親に、

「お隣の母子って、いつも一緒だね」と言うと、

母親は不思議そうにわたしを見てきました。

 

「あのお宅の坊や亡くなったよ」

 

半年も前に病気で、亡くなっていると言うのです。

わたしがいつも見かけると言うと、

「その子、どんな顔してた?」

 

それから、数日後の雨の日にその母子とすれ違いました。

母親は雨具を着込んで、自転車に乗っていました。

母親の背中に顔をうずめた子供は、雨ざらしになっていました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『丸められた紙』
  2. 怖い話『空っぽのベビーカー』
  3. 怖い話『深夜のコンビニバイト』
  4. 怖い話:『助けられた?』
  5. 怖い話『オバケがいる!』
  6. 怖い話:『転校初日の出来事』
  7. 怖い話『家の中のかくれんぼ』
  8. 怖い話『飛んでいるもの』
PAGE TOP