サスペンス・ホラー

怖い話『チャイルドシート』

 

大学も夏休みに入り、2年ぶりに帰省したときのこと。

 

2年ぶりということもあり、お隣の坊やもすっかり大きくなっていました。

念願の第一子ということもあって、かわいくって仕方がないのでしょう、移動するときはいつも、自転車のチャイルドシートに坊やを乗せています。

すれ違う際にはいつも、お母さんとは「こんにちは」と声を掛け合います。

坊やは恥ずかしいのか、お母さんの背中にぴったりと顔をつけています。

 

あるとき、パート先から戻った母親に、

「お隣の母子って、いつも一緒だね」と言うと、

母親は不思議そうにわたしを見てきました。

 

「あのお宅の坊や亡くなったよ」

 

半年も前に病気で、亡くなっていると言うのです。

わたしがいつも見かけると言うと、

「その子、どんな顔してた?」

 

それから、数日後の雨の日にその母子とすれ違いました。

母親は雨具を着込んで、自転車に乗っていました。

母親の背中に顔をうずめた子供は、雨ざらしになっていました。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『新聞の勧誘』
  2. ディストピア『見果てぬ、地平』
  3. 怖い話『降ります!』
  4. 怖い話『よなかのでんわ』
  5. 怖い話『外の世界の子供たち』
  6. 怖い話『待っている人』
  7. 怖い話『心霊的な何か』
  8. 怖い話『もうひとりいたはず』

おすすめ記事

ハッピーアベニュー

1.利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情を踏まえて就労継続支援A型計画を作成し、これに基づき利…

東京都板橋区立高島平福祉園

利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他活動の機…

旭川ヒューマンサービスセンター

職員が適正な福祉サービスを提供することを目的とし、①生命の尊重、②個人の尊厳、③人権の擁護、④社会へ…

森の子ひかり園

知的及び身体障害者に対して、生活の自立を図り、職業能力の開発を支援する事業を行い、利用者が幸せな生き…

Cielo

1 事業所は,障がい者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP