サスペンス・ホラー

怖い話『二階の子供』

『二階の子供』 ― よく考えると怖い話 ―

 

 

一軒家の中古物件を購入して、新しい町へ越してばかりの頃

 

わたしが来客の応対に出ると

「奥さんこれから大変ですね」とか

「お子さんおいくつなんですか?」とか

とよく声をかけられました。

わたしは老け顔かもしれませんが、まだ20歳の学生です。

 

そんなある日、二階の押入れのふすまが、少し開いていることに気付きました。

わたしは特に気にせず、ふすまを閉じました。

その時、玄関チャイムが鳴りました。

 

近所のおばさんが回覧板を届けに来ていました。

応対していると、その人は玄関脇の階段から二階を見上げ、幼い子供に話しかけるように、

 

「こんにちはー」

 

と笑顔で手を振りました。

 

その人を見送ったあと、わたしは階段を駆け上りました。

 

見ると、さっき締めたはずのふすまが開いていました。

わたしは、ふすまが開かないようにつっかえ棒をし、ガムテープで目張りをしました。

 

それ以来、時々バンバンバンとふすまを叩く音はしますが、お子さんがどうのこうの言われなくなり、問題なく暮らせています。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『友達を呼んでいる』
  2. 怖い話『降ります!』
  3. 怖い話『そうですって言っていたら・・・?』
  4. 怖い話『壁の中から』
  5. 怖い話『オバケがいる!』
  6. 怖い話『夜中の路線バス』
  7. 怖い話『帰ってきたよ』
  8. 怖い話『ボンネットの女の子』

おすすめ記事

就労継続支援事業所 川西もみの木

紙ふうせん

事業所は、利用者が自立して日常生活を営むことが出来るよう当該利用者の身体その他の状況及びその置かれて…

工房るうぷ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利…

アトリエ・ミック

あしすと

適正な事業運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、地域相談支援の円滑な運営管理…

新着記事

PAGE TOP