コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第十回【これは学園ラブコメです。】

 

第十回はガガガ文庫から【これは学園ラブコメです。】著 草野原々です。

 

 

あらすじ

 

主人公の圭と幼馴染の素子との学園ラブコメが展開される予定だったのですが、さまざまな要因でファンタジーやSFそれにホラーなど他ジャンルが作品を学園ラブコメから遠ざけていきます。それを阻止し、学園ラブコメとして物語を成立させるために物語の作者ののどかが圭に指示を出すのですが、無事圭は学園ラブコメの主人公となれるのでしょうか?

 

キャラクター

 

高城圭

どこにでもいる、普通の男子高校生。

 

河沢素子

圭の幼馴染。ピンクの髪がいかにも幼馴染ってかんじ。

果志奈モモ

お金持ちのお嬢様。圭を自分のものにしようとしている。

 

虚空レム

読書好きの少女。男性恐怖症を治すため圭に協力を求める。

 

言及塔まどか

物語の作者? 編集という強い存在に怯えながら他ジャンルの進行を阻止して、学園ラブコメを書き進めることを目的としている。何度も酷い目に遭うキャラクターでもある。

 

感想

この作品はライトノベル(以下ラノベ)らしさと今までにない試みが共存している作品だと思いました。

まず、ラノベらしくネットスラングが多く使われている点はこの作品がラノベだということを強く意識させます。それでいてラノベでありながら、ラノベを皮肉ったネタ(ヒロインのセリフを主人公が突発性難聴で聞こえないなど)が面白いと思いました。

また、この作品の新しい試みだと思ったのは異様なキャラクターの立場や場面の変化です。ストーリーは学園ラブコメが他ジャンルに侵攻される話で場面の移り変わり、登場キャラクターの中では人間だったはずのレムがSFの侵攻によりアンドロイドになったり、激しく変化する状況が読んでいて今までにない感覚を与えます。

そして筆者が注目したのは稚拙に見えてよくできた言葉選びです。あえて日常的に使う言葉や、中高生が受け入れやすい言葉を選んでいるのはさすがだなと思いました。

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』
  2. 吉村萬壱『死者にこそふさわしいその場所』文藝春秋
  3. ショートショート『二度自信を失う』
  4. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  5. 佐藤 優『官僚階級論-霞が関といかに闘うか』モナド新書
  6. 880トン
  7. 欲しくなる心理のスキをつかれること
  8. 樺沢紫苑著『読んだら忘れない読書術』サンマーク出版

おすすめ記事

友愛作業所

(支援方針)①サービス等利用計画に基づいて“個別支援計画”を作成し、一人一人の“思い”や“ニーズ”を…

ほっとショップ青空

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめ細やかな指定就労継続支援B型のサービスを提…

L&E

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

福祉農場コロニー 久住

津ファクトリー

一般就労及び、福祉的就労者の支援を行うため、社会生活に必要なモラル、マナーを中心に、ルールの理解等を…

新着記事

PAGE TOP