コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第九回【ひまわりさん】

 

第九回はMFコミックス アライブシリーズから【ひまわりさん】著 菅野マナミです。

 

あらすじ

主人公のまつりの通う高校の向かいにある小さくて古い書店「ひまわり書房」その店の店長である、ひまわりさんとそんなひまわりさんのことがすきだけど本を読まないまつり。

その二人と本が巻き起こすときにお話です。

 

キャラクター

ひまわりさんは大人しい雰囲気の女性です。一方まつりは対照的で明るく活発な女子高生です。

そのほかにもひまわりさんの兄で作家の黒井里やまつりの妹の風子など一巻の段階で個性豊かなキャラクターが登場します。

 

感想

主に書店が舞台になっていて、内容も本に関連付けられたものが多く、人とのつながりなどをテーマにしたような話も目立ちます。

作品の雰囲気はゆったりとして落ち着いた雰囲気です。

物語とは関係ないですが、表紙裏と裏表紙裏にイラストが描かれています。カバー裏に漫画やイラストを描く作品はとても多いですが、これは珍しいなと感じました。

現在9巻まで刊行されています。本好きの貴方は是非、まつりのように本をあまり読まない貴方も読んでみてはいかがですか?

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. コラム:『M君のこと』
  2. 『とある献血ルームの、なんということもない日常 (1)』
  3. 「善き友」を求めていきたい
  4. 中井 久夫『治療文化論: 精神医学的再構築の試み』岩波現代文庫
  5. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  6. 居心地を良くしたい利用者同士の会話
  7. ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』
  8. 映画『TENET テネット』をご紹介

おすすめ記事

京都府立視力障害者福祉センター 

利用者の人格を尊重し、身体の状況、その置かれている環境等に応じて、その有する能力と意思に基づいた就労…

ご縁

・社会に慣れることを中心としたプログラムを用意し、共に考え行動することで、就労準備期間として支援して…

カルディアこしがや

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

中讃地域生活支援センター

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者につき、住居の確保…

就労支援センター グッジョブ

新着記事

PAGE TOP