コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】

 

第四回目はプリンセスコミックスから【Rosen Blood】著 石据カチルです。

 

筆者がこの作品を購入したのはズバリ表紙のイラストです。とても綺麗でつい手に取りました。

 

あらすじ

事故にあい助けられたステラは屋敷で目を覚まします。お金もなくなったステラはその屋敷で使用人になることを決意。

屋敷には4人の男が住んでいますが、どうやら家族ではないようで……。ステラは少しずつ彼らの真実へ近づいていきます。

 

感想

まず表紙通り、本編も絵がきれいでとても感動しました。

内容は序盤少し走りすぎた気もしますが、レヴィなど登場キャラクターがかっこよくて絵もきれいなのが相まってとてもよいです。

ステラは館の外に出たいと望みますが、それが叶うのか? 今後、彼女がどうなっていくのかが気になりました。

吸血鬼やヴァンパイアをテーマにした作品であり、雰囲気としてはシリアスで基本ゆったりとした雰囲気です。

 

興味があればせひ読んでみてください。

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. 映画『新聞記者』監督/藤井道人、主演/松坂桃李・シム・ウンギョン…
  2. 『La Peste』(Albert Camus)
  3. ショートショート『魔法の薬は悪夢へのカウントダウンだった』
  4. プロ棋士を生で見た感想
  5. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  6. ショートショート『空から偽札が舞い降りてきたら』
  7. 優しさとは?
  8. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

北九州市立八幡東工芸舎

出来る作業はもちろんですが、本人の能力の可能性にチャレンジし、ステップアップできるよう作業に取り組ん…

『子供のままがいい』―大人になると子供に戻りたくなるー

子供のうちは…早く大人になりたいと願い…大人…

指定一般相談支援事業 ブナの木園

円滑な運営を図るとともに、利用者及び障害児の保護者の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者の立場に立っ…

佐伯圏域障害者支援センター ほっぷ

地域で生活していく上で見守りや緊急時の対応等が必要となる恐れのある利用者について、常時の連絡体制を確…

東町公園「つどい」

障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行う。…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP