コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第二回【GOSICK-ゴシック-】

 

第二回は漫画にさらにはアニメになった小説【GOSICK-ゴシック-】の一巻を解説していきたいと思います。

 

ソヴィール王国に留学している久城一弥と彼の通う学校一の変わり者ヴィクトリカ・ド・ブロワの二人がゆく先々で起こる事件を解決する推理小説です。

 

一巻ではヴィクトリカの兄であるグレヴィール・ド・ブロアがヴィクトリカに事件の解決をしてもらおうと彼女のいる大図書館の最上階にある植物園に赴くのですが、兄妹の仲はあまりよくないよう、しかしヴィクトリカは事件を解決。翌日新聞にはグレヴィールを賛美する見出しが出ていて一弥は憤り、グレヴィールに抗議した結果、事件解決の報酬としてもらったヨットでともに遊びに行くことになります。

当日、ヴィクトリカはヨットで招待状を発見します。そして一弥とヴィクトリカは招待状に示された豪華客船に乗り込みます。

 

その船は昔、こどもを乗り込ませ殺し合わせて賭け事がおこなわれたQueen Berry号を模したものでした。

船内ではその賭け事をおこなった政府高官たち、そのほかに舞台俳優のネッド・バクスター、炭坑主の娘のジュリィ・ガイル、それに一弥とヴィクトリカが乗り込みましたが、政府高官が何者かによって殺害されてしまいます。

残った政府高官とネッド、ジュリーに一弥とヴィクトリカは豪華客船からの脱出を図ります。

しかし、船には脱出するのを阻む大きな壁が、またこの豪華客船での事件の犯人とは?

 

一弥やヴィクトリカなど登場人物に可愛げがあり、読んでいて楽しかったです。作者の桜庭一樹のあとがきも必読ですよ!

アニメや漫画にもなっている作品です。よろしければそちらもチェックしてみてはどうでしょうか?

 

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. 小説:『彼女との約束(5)』
  2. ショートショート『無謀なチャレンジ』
  3. 小説:『自分の道(1)』
  4. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 下』
  5. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  6. 小説:『彼女との約束(3)』
  7. 映画『新聞記者』監督/藤井道人、主演/松坂桃李・シム・ウンギョン…
  8. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

自然パン工房 波の家

エンジョイワークス

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細やかな就労継続支援B型のサービスを提供…

年輪の園

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して一定の期間にわた…

虹の園

私たちは、利用者の方が生まれ育った地域の中で地域の一員として生活が送れるように、月収100,000円…

なないろ

自立生活を開始した方が安定して落ち着いた暮らしを続けられるよう、定期的に訪問し、体制確保に努めます。…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP