コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第二回【GOSICK-ゴシック-】

 

第二回は漫画にさらにはアニメになった小説【GOSICK-ゴシック-】の一巻を解説していきたいと思います。

 

ソヴィール王国に留学している久城一弥と彼の通う学校一の変わり者ヴィクトリカ・ド・ブロワの二人がゆく先々で起こる事件を解決する推理小説です。

 

一巻ではヴィクトリカの兄であるグレヴィール・ド・ブロアがヴィクトリカに事件の解決をしてもらおうと彼女のいる大図書館の最上階にある植物園に赴くのですが、兄妹の仲はあまりよくないよう、しかしヴィクトリカは事件を解決。翌日新聞にはグレヴィールを賛美する見出しが出ていて一弥は憤り、グレヴィールに抗議した結果、事件解決の報酬としてもらったヨットでともに遊びに行くことになります。

当日、ヴィクトリカはヨットで招待状を発見します。そして一弥とヴィクトリカは招待状に示された豪華客船に乗り込みます。

 

その船は昔、こどもを乗り込ませ殺し合わせて賭け事がおこなわれたQueen Berry号を模したものでした。

船内ではその賭け事をおこなった政府高官たち、そのほかに舞台俳優のネッド・バクスター、炭坑主の娘のジュリィ・ガイル、それに一弥とヴィクトリカが乗り込みましたが、政府高官が何者かによって殺害されてしまいます。

残った政府高官とネッド、ジュリーに一弥とヴィクトリカは豪華客船からの脱出を図ります。

しかし、船には脱出するのを阻む大きな壁が、またこの豪華客船での事件の犯人とは?

 

一弥やヴィクトリカなど登場人物に可愛げがあり、読んでいて楽しかったです。作者の桜庭一樹のあとがきも必読ですよ!

アニメや漫画にもなっている作品です。よろしければそちらもチェックしてみてはどうでしょうか?

 

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  2. 子供の頃の夢
  3. ショートショート:昼休みのひととき「女子社員の会話」
  4. 福井健策『改訂版 著作権とは何か – 文化と創造のゆ…
  5. 吉村萬壱『死者にこそふさわしいその場所』文藝春秋
  6. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケア…
  7. 短編小説:『最後は幸せ』
  8. 【おすすめ】『推手』(1991)台湾・米国合作【必見です!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

しあんくれ−る

一人一人がどんな困難を抱えていても、一人一人の課題をみつけステップを踏みながら、個別で具体的な「関わ…

W−factory

「信頼・共生」を理念とし、お互いを信頼し、助け合い、共に幸せになれる企業を目指しています。常に相手の…

ヒューマンワークステーション

西成区の釜ヶ崎(あいりん地域)は、貧困、ホームレス、障害、高齢、独居等の問題をはじめとして、社会福祉…

ジョブサポート クローバー

一般就労に1人でも多く送り出す。…

就労継続支援B型事業所 なかま

福祉サービスを必要とする方がその環境、年齢及び心身の状況に応じ地域において あたりまえに暮らすために…

新着記事

PAGE TOP