サスペンス・ホラー

怖い話『家の中のかくれんぼ』

 

小学4年生の時、数人で友人の家に遊びに行ったときのこと。

 

家に行くと家族が出かけていません。

私たちだけです。

そこで『かくれんぼ』しようということになりました。

 

ジャンケンでオニが決まり、数を数えます。

「いーち、にーい・・・」

みんなは2階へ上がっていきました。

 

わたしは1階に残り、押入れに隠れました。

裏をかくつもりで押入れを開け、下段に潜り込み、掃除機などの物の裏に真横になって身を潜めました。

 

わずかな隙間から外の様子を見ていると、

誰かが2階から降りてきて、真っ直ぐこちらに向ってきます。

わたしからは膝から下しか見えません。

 

― 2階には隠れるところなかったのか・・・ ―

 

彼はわたしの真上、上段に上っていきました。

 

やがてオニが数を数え終り、探し始めました。

2階で次々見つかり、わいわい騒ぐ声が聞こえてきます。

 

オニと見つかった数人が2階から下りてきました。

みんなこの押入れに向ってきます。

上段を探しているようで、オニの足がわたしの目の前にあります。

 

○○みっけ

 

何故かわたしの名前が呼ばれました。

 

わたしがいる下段を探した様子はないのにと、納得できない気持ちで這い出してくると、みんなキョトンとして言いました。

 

「見つかってないのに、何で出てきた?」

 

立ち上がって振り返ると、上段に隠れているはずの人は誰もいませんでした。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

 

関連記事

  1. 怖い話『赤い月』
  2. 怖い話『雪の朝』
  3. 怖い話『預かったバイク』
  4. 怖い話『二階からの誘い』
  5. 創作『天上からの密かな企み』
  6. 怖い話『落ちていった人影』
  7. 怖い話『お前は死んでるのか?!』
  8. 怖い話『何にぶつかったのかわからない』
PAGE TOP