ニュース

【海外ニュースウォッチ】スプラッシュマウンテン閉鎖狂騒曲【第二十三回】

海外のニュースから、筆者が気になったものをピックアップしてわかりやすくお届けするシリーズです。
第二十三回は、「スプラッシュマウンテン閉鎖狂騒曲」と題して、米ディズニーのスプラッシュマウンテン閉鎖にともなう奇妙なうごきについて見ていきましょう。

アメリカのフロリダ州にある「ウォルト・ディズニー・ワールド」で長年親しまれてきたアトラクション「スプラッシュマウンテン」がついに閉鎖されてしまいました。

丸太のボートに乗って水しぶきをあげつつ滝つぼに飛び込む、このお馴染みのアトラクション。
最後を見届けようと大勢の人たちが押し寄せ、4時間以上の乗車待ちの行列もできました。

30年以上にもわたり親しまれてきたアトラクションですが、1946年のミュージカルフィルム「南部の唄」を題材としており、この映画が非常に人種差別的で危険なものだとして批難されていて、ディズニープラスからも永久削除となるなど物議をかもしています。

 

こうした騒動も手伝って閉鎖に追い込まれたスプラッシュマウンテン。
「スーパーファン」と名乗る人たちが、「スプラッシュマウンテンの水」を数ドルから数十ドルほどの範囲で通販サイト等を通じて売り始めたのです。

95,000ガロンもの大量の水のうち、ほんの少しを小分けにして売るやり方。
黒く太いマーカーで「スプラッシュマウンテンの水」とやたら強調して売っているようです。

数年前にここを訪れたファンが、配られたディズニーワールドのロゴバッグに水道水を入れたものを25,000ドルでeBayに出品したことがありました。
一万人を超える人々がそれを閲覧し、話題になるも、出品が取り下げられることに。
こうした出品は珍しいことではなく、ある種の冗談として受け止められることが多いようです。

 

問題にされたり笑いの種にされたりと、なんとも騒がしいアトラクションが惜しまれつつも消え去っていきます。

 

文章:増何臍阿

画像提供元:https://visualhunt.com/f7/photo/24152919109/063a30a66c/

 

 

関連記事

関連記事

  1. 定形郵便物とはがきが来年の秋から値上げするかも
  2. 【海外サッカー】ギャレス・ベイルが33歳で電撃引退
  3. 愛知県において「ラーケーションの日(子供の平日休み制度)」導入
  4. 【アベンジャーズ】米俳優ジェレミー・レナー、除雪車に轢かれ重傷【…
  5. Twitterアカウント凍結祭り?!あなたは大丈夫?原因と対策は…
  6. 自転車利用者
  7. 北海道で初雪が降った(2023年10月3日の出来事)
  8. Amazon初売りセール開始 最大70%以上割引!【1/7まで】…
PAGE TOP