時事問題

【海外ニュースウォッチ】空飛ぶ自動車のゆくえ【第十五回】

海外のニュースから、筆者が気になったものをピックアップしてわかりやすくお届けするシリーズです。

第十五回は、「空飛ぶ自動車のゆくえ」と題して、実用化に向けて試行錯誤されている空飛ぶ自動車界隈を見ていきます。

 

 

「空飛ぶ自動車」という呼び名が正しいものかどうかは、議論の分かれるところのようです。

というのは、一般道路を走行し空も飛べるような自動車を開発している企業は今のところ存在せず、そうしたものを「自動車」と呼んでいいかどうかも定かではありません。

そうではなく、エアロモービル(略してエアロ)という名で呼ぶのがいいのではないか、という意見があるようです。

 

垂直離着陸機(VTOL)とも呼ばれるこの乗り物は、米連邦航空局(FAA)が呼び方を決め、規制のあり方を示し、飛行可能なエリアを判断しさえすれば、今後世界のあり方を大きく一変させてしまいうる存在です。

 

技術面で言えば、エアロの祖先はヘリコプターです。しかしヘリコプターとは異なり、電気で動くため排出ガスがゼロで、都市部でも近所迷惑にならない程度の音しか発しないと言います。

 

実際に乗ってみた米紙の記者の感想は、機体が完全に安定していて全く怖くない、というものでした。技術に関して言えば、問題はないようです。

 

しかしながら、飛び立つ準備が出来た後のいくつかの問題が、とても重大です。

 

どこで離着陸を行うのか、既存の航空管制システムにどのように組み込むのか、住民は最新式の比較的大きな飛行物体が自宅の上空を飛び交うことを容認するのかどうかといったことです。

 

それは、エアロ用の「バーティポート(垂直離着陸用飛行場)」のための用地をどう確保するのかということです。空港が使用権を持たない空域がとても少ないこと、騒音に関する問題、既存の建造物を改造して十分な強度と充電用設備を備える必要があることなどの課題があります。

 

ほかには、進入路確保のため土地のオーナーが高いビルを建造できなくなるなど、権利関係における厄介な問題が起きる可能性もあります。

 

地上インフラを整備することや規則のモデル作りなど、空飛ぶクルマの抱える問題は、飛ぶことそのものにあるのではなく、「私たちが住む地上」にこそあるのかもしれません。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/49607159143/187cfec62b/

 

関連記事

関連記事

  1. 藤井聡太5冠がA級に昇級
  2. 神戸の高齢者施設で133人がコロナに感染し、25人が死亡
  3. 東京マラソンの対応について
  4. テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する
  5. 電車の居眠り運転について考える
  6. コロナウイルスで夏の甲子園大会中止
  7. コロナ陽性の担任が受け持つクラスの児童2人がPCR検査で陽性とな…
  8. 【海外ニュースウォッチ】コングロマリットのゆくえ【第一回】

おすすめ記事

『何色?』―色はどんな色でも変化するー

あなたの世界は…何色ですか?情熱の赤ですか?…

ルピカ

障害者に対し生活能力の維持・向上等のために必要な訓練その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。生…

ふるはうす

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

ARUKU

暁 

関係法令を重種子、他の社会資源との連携を図った適正かつきめのこまかな就労継続支援のサービスを提供しま…

新着記事

PAGE TOP