時事問題

【海外ニュースウォッチ】犬と猫のどちらが広告に効果的?【第十六回】

 

海外のニュースから、筆者が気になったものをピックアップしてわかりやすくお届けするシリーズです。

第十六回は、「犬と猫のどちらが広告に効果的?」と題してお送りします。

 

 

ペット好きにとって、かわいい犬や猫の画像や動画にまさるものはありません。

では、こうしたほっこりした気分が広告にうまく利用できるのでしょうか?

 

最近の研究で、利用はできるけれども、消費者が考える動物の特徴に広告が合致しているかどうかが鍵であるようです。

 

たとえば、犬は「意欲」や「報酬獲得行動」と結びつけられることが多いといいます。

それゆえ、促進的な傾向が強い広告には犬を使う方が消費者の反応が大きいことが判明しました。

反対に、猫は「警戒心」と関連付けられることが多いので、予防関連の広告には猫を使う方が反応が大きかったのです。

 

二つのブランドのビタミン剤があって、片方が鉄分やビタミンCなどを含んでいてエネルギー増進をうたっています。もう片方は抗酸化物質を多く含んでおり、がんや心臓病のリスクを減らすとうたっています。

 

二つのグループに分かれた被験者にそれぞれ犬と猫の動画を見せて、どちらのビタミン剤が好ましいかどうかを聞き取りました。すると、犬の動画を見たグループは猫の動画を見たグループよりも、エネルギー増進タイプのビタミン剤を好んだ人が多かった、という結果が出ました。

 

大事なのは消費者がその動物に対して抱くイメージと商品のイメージとがうまくかみ合っていることであり、そこにギャップが生じると広告効果は著しく弱まるようです。

 

国によっても文化が異なり動物に対するイメージが異なるので、そうした点も注意が必要なようです。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/5896171209/b53e99181c/

 

関連記事

 

関連記事

  1. マクドナルドがライスバーガーを発売する
  2. タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想
  3. 飲酒運転をした車に児童がひかれ5人が死傷
  4. you tuberの「へずま りゅう」さんが山口県の参議院補欠選…
  5. 回転寿司がファミレス化している理由
  6. 【海外ニュースウォッチ】金相場低迷の背後には【第十八回】
  7. コロナウイルスで障碍者解雇増加
  8. 【海外ニュースウォッチ】CHOの挑戦【第十三回】

おすすめ記事

ぎふう工房

小説:『自分の道(9)』

前回まで・小説:『自分の道(1)』・小説:『自分の道(2)』・小説:『自分の道(3)』…

かたくりの家

地域社会と自然との共生を基本理念として ①全ての人の人権の尊重 ②安心した暮らしづくり ③多摩地域の…

サンビレッジ

利用者の意志及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ちながら、利用者が自立した日常生活または社会生活を…

新の葉

『暮らしの創造』 ◎利用者の生活の質の向上を目指すことを支援するために、支援サービスの専門職として…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP