福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ7

 

『障碍者が一般で働く難しさ7』

 

31.健常者のやろうとしたことで、退職させられるパターン。

 助けようとしているのではなく、完全に潰してしまっているのが実情。ここを掘り下げない限り、障碍者の居心地はよくならない。障碍者(グレーゾーン)を退職させている支援員に、当事者の支援などできるはずがない。(矛盾に気づかない時点で人として終わっているレベル)

 

32.休む勇気を持てない

 周囲に迷惑をかけるという理由で、無理して出勤する人もいる。休職しながら続けるのも一つの手。(休職が可能であった場合)

 

33.迷惑をかけているという心理からか、なかなか断れない

 立場の強い健常者はここに付け込んでくる社員もいる。こういう人が出た場合、すぐさま上司に話をするようにしよう。

 

34.時間短縮がやりにくい(健常者より融通が利かない)

 障碍者雇用に20.30時間というくくりがあるため、勤務時間の変更が難しい一面がある

 

35.上司との相性が極端に悪くなると、居場所をすぐに失う

 障碍に否定的な上司だと致命的となりかねない。

 

*続編8に続く 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 医者が受けない『バリウム胃がんX線検査』 – それで…
  2. 障碍者が一般会社で働く難しさ1
  3. 障碍を打ち明ける難しさ
  4. 時代の変化が発達障碍者の仕事を奪った
  5. 大人の発達障碍
  6. 自殺者数が減少傾向にある
  7. 交通費を全額負担、資格試験は無料の就労移行事業所の紹介
  8. 障碍者、健常者の苦しみは異なる

おすすめ記事

ライフサポートてんのう

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った、適正且つきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスを…

心の里うぐいす

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、生産活動その…

障害者地域生活支援センターほほえみ

ワークサロン虹

障害当事者やご家族には社会的不利益を抱えながらも、地域において自立した生活を営むことが出来るように適…

JOCA×3

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP