福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ4

 

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』

 

16.傷つきやすい(メンタルがデリケートなタイプ)

 さりげない一言で心を病んでしまうタイプは要注意。

 

17.被害妄想に陥りやすい(知的障碍などで見られる)

 過去の失敗によりマイナス方向に思考が働きやすいタイプは少なくない

 

18.一般人のアドバイスによって奈落の底に叩き落されることもある

 筆者にたとえるなら介護職の勧めは致命的だった。これで人生の3年を棒に振り、マイナスの感情が芽生えてしまった。助けるはずの人を信用しすぎない方がいい。

 

19.一般、発達障碍のやり方は異なる

 一般人のやり方では仕事するのは難しい。自分に合った方法を見つけるようにしたいところ。

 

20.一般人との意思疎通ができない

 生き方が180度異なるため、孤独を感じやすくなる。わかってくれる人がほとんどいない。

 

*続編5に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 法定雇用率は低すぎる
  2. 発達障碍で障碍者手帳を取得するまでのプロセス
  3. 障碍者として生まれたために失ったもの
  4. タクシーが車椅子利用者を乗車拒否
  5. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る
  6. 障碍者の生きる道
  7. 仕事のヒントになるサイト
  8. 新薬には処方制限がある

おすすめ記事

エバーグリーン イースト

茨内地域生活支援センター 

利用者がその有する能力及び適性に応じ自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者と…

Pリーガー紹介⑥

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。さて今回…

ひなたの道

①高齢や多様な障害の方のニーズに基づいたサービスの提供を行う ②多機能型特性を活かした運営を行う ③…

だるまハウス

(事業の目的)  適正な運営を確保するために、必要な人員及び管理運営に関する事項を定め、適正な指定就…

新着記事

PAGE TOP