福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ4

 

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』

 

16.傷つきやすい(メンタルがデリケートなタイプ)

 さりげない一言で心を病んでしまうタイプは要注意。

 

17.被害妄想に陥りやすい(知的障碍などで見られる)

 過去の失敗によりマイナス方向に思考が働きやすいタイプは少なくない

 

18.一般人のアドバイスによって奈落の底に叩き落されることもある

 筆者にたとえるなら介護職の勧めは致命的だった。これで人生の3年を棒に振り、マイナスの感情が芽生えてしまった。助けるはずの人を信用しすぎない方がいい。

 

19.一般、発達障碍のやり方は異なる

 一般人のやり方では仕事するのは難しい。自分に合った方法を見つけるようにしたいところ。

 

20.一般人との意思疎通ができない

 生き方が180度異なるため、孤独を感じやすくなる。わかってくれる人がほとんどいない。

 

*続編5に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. A型作業所に通う場合の注意点
  2. 精神科を変更する場合にやっておきたいこと
  3. 作業療法士について(福祉の資格)
  4. 誰にも長所はある【障碍者編】
  5. 支援の充実している就労移行支援事業所の紹介
  6. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  7. リーゼを減薬した副作用及び経過
  8. 就労定着支援の問題点

おすすめ記事

愛厚希全の里 

★基本理念:「笑いと笑顔共に向上」 【笑いと笑顔】は幸せで楽しい生活 【向上】は質の向上、専門性の向…

百合の樹

利用者が作業活動や余暇活動、福祉サービスの提供を通じて、基本的な生活習慣の確立と安定した地域生活を送…

あんだんて

かりん

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法第4条1項に規定する者に…

就労継続支援B型 プラスタ

「障がい者×IT」「障がい者×クリエイティブ」には大きな可能性があると考えている。高い技術を持ってい…

新着記事

PAGE TOP