福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ2

 

『障碍者が企業で働く難しさ(続編)』

 

6.自分の限界を把握していない

 無理をしすぎるため、リタイアすることに繋がりかねない。

 

7.支援員と話をする機会が少ない(訪問回数が足りないもしくは会社が訪問を制限している場合も含む)

 一ヶ月に一度程度の会社訪問では解決するのは難しい。筆者は一般会社で働いていたとき、退職するまで一度しかやってこなかった。

 個人情報の順守するために、支援員が入れないシステムであった場合も孤立しかねない(確率があがる)。

 

8.体調を壊しやすい

 一般人よりも体調不良で休む確率が高い。休むことで信用を下げてしまう。

 

9.精神的な不安定さ

 精神障碍はメンタルに不安定なものも少なくない。こちらについては性格的な部分もあるため、障碍とは言い切れない部分もある。

 

10.個性が邪魔をする

 組織勤めに向いていない障碍者は少なくない(トップ以外は不要)。社会のルールに合わせられないと、評価が著しく下がる。

 

*続編3に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 障碍者支援で思うこと
  2. 「自律神経訓練法」は、実行がほぼ不可能で意味もなく時間の無駄
  3. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  4. どの時代も、いじめはなくならない
  5. 広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい
  6. 福祉施設の倒産が増えている
  7. 自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから…
  8. 兵庫県の障害手帳(取得条件など)

おすすめ記事

リフレッシュジョブ

当事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の提供…

『願うだけ…』

強くなりたいと願った事を…今でも覚えている。…

就労支援センターほっと悠Ms

じあい

1 この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を…

Arch Plus

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、3年間にわたり、雇用…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP