福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ2

 

『障碍者が企業で働く難しさ(続編)』

 

6.自分の限界を把握していない

 無理をしすぎるため、リタイアすることに繋がりかねない。

 

7.支援員と話をする機会が少ない(訪問回数が足りないもしくは会社が訪問を制限している場合も含む)

 一ヶ月に一度程度の会社訪問では解決するのは難しい。筆者は一般会社で働いていたとき、退職するまで一度しかやってこなかった。

 個人情報の順守するために、支援員が入れないシステムであった場合も孤立しかねない(確率があがる)。

 

8.体調を壊しやすい

 一般人よりも体調不良で休む確率が高い。休むことで信用を下げてしまう。

 

9.精神的な不安定さ

 精神障碍はメンタルに不安定なものも少なくない。こちらについては性格的な部分もあるため、障碍とは言い切れない部分もある。

 

10.個性が邪魔をする

 組織勤めに向いていない障碍者は少なくない(トップ以外は不要)。社会のルールに合わせられないと、評価が著しく下がる。

 

*続編3に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある
  2. 盲(視覚障碍)・聾(聴覚障碍)者のためのA型作業所の紹介
  3. 障碍者事業における理想と現実
  4. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  5. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある
  6. 障碍者支援で思うこと
  7. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  8. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか

おすすめ記事

ワークセンターつるみの郷

『僕と君』

君といた時間の方が長く感じた。でも君はもういない…

物語の一巻目を簡単に解説! 第六回【八十亀ちゃんかんさつにっき】

第六回目はREXコミックスから【八十亀ちゃんかんさつにっき】著 安藤正基です。&…

はあとアカデミー山口

定員30名…

すずめ旭天神センター

利用者の意思及び人格を尊重し、常にその人の立場にたった指定施設支援の提供に努めるとともに、できるかぎ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP