福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ1

 

 障碍者雇用枠で一般で働いたことがある。その時に感じた困難をあげる。

 

(1)能力的についていくのが難しいケース(知的障碍などは顕著)

 能力的に劣っていた場合、体力、精神力を大きく消耗することになる。蓄積することで休職、退職へと追い込まれていく。

 

(2)障碍への配慮がない(一般に近いことを求められる)

 一般についていけなければ、白い目を向けられることになる。障碍者枠であっても、一定の能力を要求される。

  知的障碍であった場合、被害妄想に陥るリスクがある。(自分も同じ経験をした。自分はできているのに、どうして怒られるのかわからないといっていた)

 一般に近いことを求められることで、個性の強い発達障碍、他者より劣っている知的障碍などにはつらい環境となる。鬱などを発症する要因になりかねない。

 

(3)懲戒免職にならないだけで、仲間外れは頻繁に起こりうる。

 性格的に変わっていた場合、誰も話し相手になってくれない。環境によってメンタルを病みかねないリスクは一般と変わらない。

 

(4)給料が安い(時間も短い)

 健常者よりも給料は安めで、フルタイムの求人は少ない。そのため、生活するのに困窮しやすくなる。(働く体力のない障碍者も多いことに留意したい)

 

(5)正社員になれない

 特例子会社を除いては、正社員になりにくい。(雇用期限が定められている場合もあるため、安定した就労が難しい)

 

*続編を書く予定です。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  2. 支援者ができるのは一つだけ【障碍編】
  3. 障碍者との勤務に賛成か反対か
  4. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事
  5. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  6. 非公開求人(障碍者枠)について
  7. 障碍者は常に理不尽を強いられる
  8. ショートショート『二度自信を失う』

おすすめ記事

ワークステーション細田

ワークスポット

就労継続支援B型事業所まーる

①利用者が社会性や協調性を身に付け、地域の中で自立した生活ができるように支援します。 ②利用者の悩み…

センターはばたき

就労継続支援B型個別支援計画に基づき、利用者の心身の状況等に応じて、支援を適切に行うとともに、指定障…

ベルカント

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP