福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ3

 

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』

 

11.周りの評価を気にしすぎる

 過去の失敗がある場合は顕著になりやすい。自分らしくいられないことで、心身を壊していく当事者は少なくない。

 

12.場にそぐわない言動で評価を下げる

 空気を読むのを苦手としているため、そこで苦労する当事者は少なくない。

  それにもかかわらず、話したいという気持ちを抑えられないことで苦労する。

 

13.注目を浴びることもある

 こちらは距離を取られるのではなく、接近されすぎるパターン。一般人にないものを持っていた場合、ストーカーまがいのことをされることもある。

 

14.職種の制限が大きい

 発達障碍なら介護職、運転などは難しい人がいる。知的障碍なら、高卒以上となっている事務職につけない。身体障碍者は重量物の運搬は不可能。

 精神障碍は就職率は増えているものの、偏見が根強いことも事実である。

 

15.自己中心的だと思われる

 自分の意見を主張しすぎるあまり、自己中心的だと思われることも少なくない。

 

*続編4に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. ショートショート『障碍者の闇』
  2. 障碍者が一般会社で働く難しさ1
  3. A型作業所の就職祝い金は、撤廃されるかもしれない
  4. 就労移行を利用したほうがよい障碍者
  5. エジソンの言葉を障碍者支援に当てはめる
  6. 就労移行の就職率は充分といえるのか?
  7. コロナウイルスは障碍者の就職活動に影響を及ぼしている
  8. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…

おすすめ記事

Be Flap2

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

きのこセンター翼

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が…

ワンアップ

株式会社 すみれ工房 

ネットワークあゆみ北原台

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特…

新着記事

PAGE TOP