福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ3

 

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』

 

11.周りの評価を気にしすぎる

 過去の失敗がある場合は顕著になりやすい。自分らしくいられないことで、心身を壊していく当事者は少なくない。

 

12.場にそぐわない言動で評価を下げる

 空気を読むのを苦手としているため、そこで苦労する当事者は少なくない。

  それにもかかわらず、話したいという気持ちを抑えられないことで苦労する。

 

13.注目を浴びることもある

 こちらは距離を取られるのではなく、接近されすぎるパターン。一般人にないものを持っていた場合、ストーカーまがいのことをされることもある。

 

14.職種の制限が大きい

 発達障碍なら介護職、運転などは難しい人がいる。知的障碍なら、高卒以上となっている事務職につけない。身体障碍者は重量物の運搬は不可能。

 精神障碍は就職率は増えているものの、偏見が根強いことも事実である。

 

15.自己中心的だと思われる

 自分の意見を主張しすぎるあまり、自己中心的だと思われることも少なくない。

 

*続編4に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス
  2. 障碍者枠に対する企業の考え方
  3. 時代の変化が発達障碍者の仕事を奪った
  4. 障碍者の働くうえでの苦悩
  5. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  6. 『統合失調症』と薬物療法
  7. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  8. 支援者から虐待されていると思う利用者は多い

おすすめ記事

就労継続支援事業所 やわらぎ

利用者の意志や人格を尊重することを念頭に、自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、就労…

銀河鉄道

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に就労の機会を提供するとともに、生…

多機能型事業所 らふたの丘

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労を希望する65歳未満の利用者であっ…

障がい者支援センターおおき

障がい者への日中就労の提供…

不倫の代償は大きかった(俳優)

 女優との不倫が報じられた、俳優がすべてを失ったと打ち明けた。 失ったという表現…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP