福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ3

 

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』

 

11.周りの評価を気にしすぎる

 過去の失敗がある場合は顕著になりやすい。自分らしくいられないことで、心身を壊していく当事者は少なくない。

 

12.場にそぐわない言動で評価を下げる

 空気を読むのを苦手としているため、そこで苦労する当事者は少なくない。

  それにもかかわらず、話したいという気持ちを抑えられないことで苦労する。

 

13.注目を浴びることもある

 こちらは距離を取られるのではなく、接近されすぎるパターン。一般人にないものを持っていた場合、ストーカーまがいのことをされることもある。

 

14.職種の制限が大きい

 発達障碍なら介護職、運転などは難しい人がいる。知的障碍なら、高卒以上となっている事務職につけない。身体障碍者は重量物の運搬は不可能。

 精神障碍は就職率は増えているものの、偏見が根強いことも事実である。

 

15.自己中心的だと思われる

 自分の意見を主張しすぎるあまり、自己中心的だと思われることも少なくない。

 

*続編4に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. インフルエンザの注射を打つべきか
  2. 新薬には処方制限がある
  3. 佐賀県の名産を使用してお菓子を作っているB型作業所
  4. 就職率の高い就労移行支援事業所(B型作業所併設)の紹介
  5. 交通費を全額負担、資格試験は無料の就労移行事業所の紹介
  6. 脳卒中の方のための福祉事業所がある
  7. A型作業所に通う場合の注意点
  8. 長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介…

おすすめ記事

エコミットふじのみや 

水戸自立支援センター グリーンカンパニーファーム

ワークセンターもーる城東

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力が高まった者は、一般就労…

萩の郷福祉工場

Y・Yあんり

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP