福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ5

 

『障碍者が一般で働く難しさ5』

 

21.特別扱いされることで、他者から白い目で見られる

 配慮を快く思っている人はそこまで多くない。よほどの才能がない限り、他者の非難を浴びることになる。同じだけお金をもらっているから、同じだけ仕事をしろといわれたことがある。

 

22.残業のある会社はきつい(大丈夫な人もいるため、個人差がある)

 体力的にきつい場合はフルタイムではなく、パートタイムを目指してみてはいかがだろうか。

 

23.一般人が辛さを分かってくれない

 話をしても、左から右にそれてしまっている。時間をとっても一歩も前に進んでいない。

 

24.障碍者枠は狭き門

 法定雇用率が上がらない限り、就職するまでに時間がかかってしまうのは避けられない。

 

25.A型作業所、B型作業所に永住してしまう利用者が多い

 作業所の心地よさを求めてしまい、一般就労を考えなくなる利用者は少なくない。一般人は形式上だけは、居心地がよくなるようにしている。(利用者を辞めさせないため)甘い誘惑に騙されないことが、一般就労への第一歩となる。

 

*続編6に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  2. 未来の障碍者支援(予想)
  3. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる
  4. 発達障碍は適性がはっきりしている
  5. 惹きつけられる魅力
  6. 発達障碍が働く難しさ
  7. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…
  8. 政府が補助金を全額カットした場合、A型の65パーセントは倒産する…

おすすめ記事

怖い話『待っている人』

「遅い!」朝の4時過ぎに、ある一軒の家に新聞配達に行くと、頭上か…

就労継続支援B型事業所 豊の大地

就労継続支援B型事業所の利用者に対し、就労や生産活動、就労支援、相談援助等の必要なサービス提供を目的…

小学校の50代の教師が授業中に飲酒

 小学校の授業中に飲酒をしたとして、50代の教師が減給処分となりました。児童が酒を飲…

Social Good Roasters 千代田

一松工房

利用者の意思及び人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な自立支援を行うことを目的とする。利用者が有す…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP