福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ5

 

『障碍者が一般で働く難しさ5』

 

21.特別扱いされることで、他者から白い目で見られる

 配慮を快く思っている人はそこまで多くない。よほどの才能がない限り、他者の非難を浴びることになる。同じだけお金をもらっているから、同じだけ仕事をしろといわれたことがある。

 

22.残業のある会社はきつい(大丈夫な人もいるため、個人差がある)

 体力的にきつい場合はフルタイムではなく、パートタイムを目指してみてはいかがだろうか。

 

23.一般人が辛さを分かってくれない

 話をしても、左から右にそれてしまっている。時間をとっても一歩も前に進んでいない。

 

24.障碍者枠は狭き門

 法定雇用率が上がらない限り、就職するまでに時間がかかってしまうのは避けられない。

 

25.A型作業所、B型作業所に永住してしまう利用者が多い

 作業所の心地よさを求めてしまい、一般就労を考えなくなる利用者は少なくない。一般人は形式上だけは、居心地がよくなるようにしている。(利用者を辞めさせないため)甘い誘惑に騙されないことが、一般就労への第一歩となる。

 

*続編6に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
  2. 障碍者本人が主役になろう
  3. A型作業所に通う場合の注意点
  4. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  5. 未来の障碍者支援(予想)
  6. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  7. B型作業所の待遇は事業所によって異なる
  8. インフルエンザの注射を打つべきか

おすすめ記事

暖冬は温暖化の影響なのか

 温暖化の影響なのか、一二月になっても気温があまり下がらない。中旬にさしかかっても、…

就労継続支援A型事業所 勇輝

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労継続支援A型利用者に対して…

障がい者(児)デイサービスセンターひろ君の家

ご利用者様が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、ご利用者様に対して就労の機会を提供する…

一般社団法人プロマイル

1.事業所の従業者は、利用者の特性を踏まえて、その有する能力の維持・改善を図り、一日も早く就労するこ…

スクールファーム河辺

豊かな社会実現にむけて 弊社は、秋田市の指定福祉サービス事業所として「誠実と信用」の企業理念をもとに…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP