サスペンス・ホラー

怖い話『帰ってきたよ』

 

ある田舎町での出来事。

 

学校帰りの女の子が、突如「行方不明」になりました。

警察と町の人たちが捜索すると、通学路の途中の林の中でその女の子は惨殺体で発見されました。

犯人がわからないまま事件は迷宮入りしました。

 

ショックを受けた遺族は間もなく町を出て行きました。

それから十数年経って、町は開発が進み大きな道路が出来て、路線バスが走るようになりました。

少女の住んでいた家も取り壊され、跡地にバス待合所ができました。

 

ある晩、一組の夫婦がお酒を飲んだ帰りに、その待合所でバスを待っていました。

うとうとしていると、ドアを叩く音がしました。

風がドアを叩く音だろうとそのまま寝入ろうとしました。

 

耳を澄ましていると、風の音に混じって何か聞こえてきます。

 

「お母さん・・・、お母さん・・・、お母さん帰ってきたよ・・・」

 

顔を上げて見ると、血まみれの女の子がドアを叩いていました。

 

その日はちょうど事件のあった日でした。

女の子は家が無くなっていることに気付かず、帰ってくるのかもしれません。

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『カーテンの裏の子』
  2. 怖い話『雪の朝』
  3. 怖い話『電話が鳴った』
  4. 怖い話『バタバタバタ』
  5. 怖い話『夜のジョギング』
  6. 怖い話『知らん子』
  7. 怖い話『入れ違いの女の子』
  8. 怖い話『廊下に続く足痕』
PAGE TOP