コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第十回【これは学園ラブコメです。】

 

第十回はガガガ文庫から【これは学園ラブコメです。】著 草野原々です。

 

 

あらすじ

 

主人公の圭と幼馴染の素子との学園ラブコメが展開される予定だったのですが、さまざまな要因でファンタジーやSFそれにホラーなど他ジャンルが作品を学園ラブコメから遠ざけていきます。それを阻止し、学園ラブコメとして物語を成立させるために物語の作者ののどかが圭に指示を出すのですが、無事圭は学園ラブコメの主人公となれるのでしょうか?

 

キャラクター

 

高城圭

どこにでもいる、普通の男子高校生。

 

河沢素子

圭の幼馴染。ピンクの髪がいかにも幼馴染ってかんじ。

果志奈モモ

お金持ちのお嬢様。圭を自分のものにしようとしている。

 

虚空レム

読書好きの少女。男性恐怖症を治すため圭に協力を求める。

 

言及塔まどか

物語の作者? 編集という強い存在に怯えながら他ジャンルの進行を阻止して、学園ラブコメを書き進めることを目的としている。何度も酷い目に遭うキャラクターでもある。

 

感想

この作品はライトノベル(以下ラノベ)らしさと今までにない試みが共存している作品だと思いました。

まず、ラノベらしくネットスラングが多く使われている点はこの作品がラノベだということを強く意識させます。それでいてラノベでありながら、ラノベを皮肉ったネタ(ヒロインのセリフを主人公が突発性難聴で聞こえないなど)が面白いと思いました。

また、この作品の新しい試みだと思ったのは異様なキャラクターの立場や場面の変化です。ストーリーは学園ラブコメが他ジャンルに侵攻される話で場面の移り変わり、登場キャラクターの中では人間だったはずのレムがSFの侵攻によりアンドロイドになったり、激しく変化する状況が読んでいて今までにない感覚を与えます。

そして筆者が注目したのは稚拙に見えてよくできた言葉選びです。あえて日常的に使う言葉や、中高生が受け入れやすい言葉を選んでいるのはさすがだなと思いました。

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. 『プレイボール2』が最終回
  2. 『まんがタイムきららフォワード』を読み続けて思うこと
  3. エッセイ:『ある愚考のひとつのかたち』
  4. ショートショート『空から偽札が舞い降りてきたら』
  5. 悪夢からの解放
  6. ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん 岩田聡さんはこんなことを話していた…
  7. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  8. 小説:『自分の道(1)』

おすすめ記事

相談支援事業所はーと

SIN医療福祉サービス

当事業所の訓練は、もちろん就職をすることが目的にはなりますが、就職後も安定して仕事を続けられる状態を…

就労支援センター グッジョブ

指定障がい福祉サービス事業所 やまぼうし

事業所の基本理念としては、明るい雰囲気・自主性尊重・自立支援の三本柱を中心として、利用者である障がい…

リエゾン

地域のニーズに対応するために法人を設立し、就労継続支援B型リエゾンを開所致しました。 受け入れ可能な…

新着記事

PAGE TOP