コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】

 

第四回目はプリンセスコミックスから【Rosen Blood】著 石据カチルです。

 

筆者がこの作品を購入したのはズバリ表紙のイラストです。とても綺麗でつい手に取りました。

 

あらすじ

事故にあい助けられたステラは屋敷で目を覚まします。お金もなくなったステラはその屋敷で使用人になることを決意。

屋敷には4人の男が住んでいますが、どうやら家族ではないようで……。ステラは少しずつ彼らの真実へ近づいていきます。

 

感想

まず表紙通り、本編も絵がきれいでとても感動しました。

内容は序盤少し走りすぎた気もしますが、レヴィなど登場キャラクターがかっこよくて絵もきれいなのが相まってとてもよいです。

ステラは館の外に出たいと望みますが、それが叶うのか? 今後、彼女がどうなっていくのかが気になりました。

吸血鬼やヴァンパイアをテーマにした作品であり、雰囲気としてはシリアスで基本ゆったりとした雰囲気です。

 

興味があればせひ読んでみてください。

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. 謙遜と卑下
  2. ジル・ドゥルーズ『記号と事件』河出文庫
  3. 長時間のデスクワークについて
  4. 物語の一巻目を簡単に解説! 第九回【ひまわりさん】
  5. エッセイ:『少数派の我慢』
  6. コンビニでカップ麺を買う人々
  7. レッドホットチリペッパーズと私
  8. 短編小説:『寝過ごして』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP