福祉・医療

  1. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチームがあったから

     パラリンピックは身体障碍者の大会というイメージが強い。学力に劣る知的障碍者の競技が行われることはほとんどない。 知的障碍は、身体障碍者とは異なり見た目では判別しにくい。知的障碍が重い=足が遅いというわけではない。重度の…

  2. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く違う

     健常者は障碍者にベターを目指せと口癖のようにいっている。 当事者からすれば、ベ…

  3. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの

     碍者にとって多くの健常者はクラッシャーになりうる。(反対も成り立つ) どうして…

  4. 障碍者はいじめに遭いやすい

     健常者(多数派)、障碍者(少数派)のどちらがいじめに遭いやすいのか。 健常者が…

  5. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る

     障碍者は程度の差はあれど、目に見える形でミスをする。そのことによって健常者の仕事を…

  6. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか

  7. 高次脳障碍がつきにくい仕事

  8. A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある

  9. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

  10. 知的障碍の生きにくさ

  11. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う

  12. 障碍者へのアンケートを行っている市もある

  13. 支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い

  14. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではなかろうか

  15. 発達障碍は適性がはっきりしている

  16. 発達障碍が働く難しさ

  17. 障碍者は社会で居場所がない

  18. 就労移行で聞いておきたい質問

  19. 時代の変化が発達障碍者の仕事を奪った

  20. 障碍者が一般会社で働く難しさ7

  21. 広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい

  22. 障碍者が一般会社で働く難しさ6

  23. 奇抜な発想が役立つ職業もある

  24. 障碍者が一般会社で働く難しさ5

  25. 障碍者が一般会社で働く難しさ4

  26. 障碍者が一般会社で働く難しさ3

  27. 障碍者が一般会社で働く難しさ2

  28. 障碍者が一般会社で働く難しさ1

  29. 平均給料の推移から垣間見えるA型作業所の課題 

  30. 障碍者事業における理想と現実

  31. A型作業所、B型作業所から一般就労する確率はかなり低い

  32. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる

  33. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある

  34. 政府が補助金を全額カットした場合、A型の65パーセントは倒産する

  35. 脳性麻痺があっても前に進み続ける

PAGE TOP