福祉・医療

  1. 6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】

      対人関係に限らず、ものごとは60パーセント程度がよいといわれている。あまりやりすぎると、良くないという例えだ。 一般人はその部分を心得ているため、うまくとりつくろうとする。軋轢を生まないためのテクニックを実践している…

  2. 障碍者がいわれたくない言葉:パート1

    障碍者が一般人や支援者(第三者)からいわれたくない言葉、されたくない行動(個人差あり…

  3. 障碍者の生きにくさ

     障碍者の生きにくさの一つとして挙げられるのは、ストレートに表現するところからきてい…

  4. 適切な支援をする難しさ【障碍者編】

     支援者は適切な支援をしたいと願っているからこそ、障碍についてあれこれ聞いてくる。…

  5. 障碍者枠で就労した後の体制を考える

      障碍者採用で20、30時間以上の勤務に疑問を抱いた人も居るのではなかろうか。…

  6. 役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる

  7. デイケアのプログラムについて【障碍者編】

  8. 障碍者の切なる願い

  9. 障碍者の恋愛事情

  10. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない

  11. 障碍者のバスの恩恵範囲が広がった

  12. 障碍によるハンディを理解する

  13. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある

  14. 特別支援学校に通うメリットとデメリット

  15. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作目

  16. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目

  17. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ5作目

  18. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ2作目

  19. ちくま新書の「【シリーズ】ケアを考える」

  20. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ1作目

PAGE TOP