コラム

黄金の血液を持つ人もいる

 黄金の血液と呼ばれている「Rh Null」を持つ人もいる

 

 世界には黄金の血液と呼ばれる、「Rh Null」を持っている人がいます。数は非常に少なく、43人しか確認されていません。世界の人口は60億人なので、1億人に1人未満ということになります。

 

 黄金の血液は、どんな人にも輸血できる

 

 通常の輸血は制限があるのに対し、黄金の血液はどんな人にも、輸血することができます。すべての人を救える可能性のある、血液を持っていることになります。それゆえ、希少価値は非常に高いです。

 

 黄金の血液を持っている当人は、輸血を受けるのは難しい

 

 黄金の血液を持っている人は、黄金の血液だけを輸血できます。他の血液を入れられないため、輸血は非常に厳しいです。

 

 人を助けられるのに、自分は助けることができません。怪我一つで致命傷になりかねないという、危険性をはらんでいます。

 

 最後に

 

 発見されていないだけで、「Rh Null」を持っている人が、存在する可能性は残されています。あなたもその一人かもしれません。

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/4804094851/9c04a06dc8/

関連記事

  1. フランツ・カフカ『城』前田敬作【訳】新潮文庫
  2. 映画『草原の実験』のご紹介
  3. 小説:『彼女との約束(5)』
  4. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 下』
  5. オースター『最後の物たちの国で』のご紹介
  6. シュテファニー・シュタール『「本当の自分」がわかる心理学』大和書…
  7. 『北の無人駅から』(北海道新聞社)
  8. 物語の一巻目を簡単に解説! 第二回【GOSICK-ゴシック-】

おすすめ記事

カフェ・コリドール

障がい者の社会参画と自立支援のためのサービス提供を行い、ひとりひとりのキャリアアップに繋げる支援を実…

つながりの家 

一人ひとりの人権と個性を尊重し、生き生きと活動ができるように仕事や外で働く場を創り出していくとともに…

クローバー学園

福祉サービス利用を必要とする利用者や保護者の立場に立ち、適切な障害福祉サービス等が、適切に提供される…

ワークショップハーモニー

障害者が地域住民の一人として年齢相応の普通の生活をできるように支援する事…

障碍者支援機関との関係を切るのを最終目標にしよう

 障碍者にとっての最終目標とは、支援機関の人間と縁を切ることではなかろうか。&n…

新着記事

PAGE TOP