コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第八回【とけだせ! みぞれちゃん】

 

第八回はジャンプコミックスから【とけだせ! みぞれちゃん】著 足袋はなおです。

 

あらすじ

ひまりという女の子が溶けそうになったゆきだるまを冷凍庫に入れたところから物語が始まります。

それから時が過ぎ、夏休みにひまりは叔母のこはるの家に遊びに行くことになり、こはるの家のゆきだるまが元気(無事)か尋ねます。電話の後、こはるがゆきだるまを確認すると、その中にはひとのようなものが……ゆきだるまは雪女だったのです。

雪女のみぞれがトラブルを起こしながら物語が進んでいきます。物語の季節が夏ということもあって、みぞれが外に出ると三歩で彼女の身体は崩れます。また物語の後半ではよく首がとれます。

 

感想

気に入ったところは物語を動かす、みぞれの裏で幼いひまりが妙に冷静だったり、冷たかったりしている(本人が意図しているのかは不明)のがおもしろかったです。

 

現在二巻まで刊行されている今作品よければみなさんも読んでみてはどうでしょうか?

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. いつまでも元気で
  2. 不安を減らす方法
  3. 信じられない。創作的な意味で。
  4. ショートショート『罪を照らす青い宝石』
  5. 生きるために必要なこと
  6. ストレス、睡眠不足、頭痛との関係
  7. 京阪3000系の余剰車は13000系に組み込まれた
  8. 人間はどうして課金してしまうのか
PAGE TOP