コラム

物語の一巻目を簡単に解説! 第七回【あつまれ!ふしぎ研究部】

 

第七回は少年チャンピオン・コミックスから【あつまれ!ふしぎ研究部】著 安部真弘です。

 

あらすじ

入る部活を悩む五領大祐はダンボールを倉庫にしまってくるように頼まれる。

倉庫があると思った場所にあったのは『ふしぎ研究部』だった。そこには3人の部員がいて4人目の部員を集めないと廃部にされてしまうというお約束の状況に出くわす。

関わると面倒なことになると部室を出て行こうとする大祐でしたが、催眠術をかけられて入部届けにサインしてしまいます。

 

キャラクター

ふしぎ研究部は

オカルト研究担当の二宮鈴

マジック研究担当の神田千晶

催眠術研究担当の大原ことね

そして実験台の五領大祐

の4人で構成されています。

大祐以外の3人はそれぞれ違う研究をしていて実力もバラバラです。

千晶はマジックに仕掛けがあるものと知らないで力ずくでマジックをしています。

一方、ことねは催眠術を見事に(大祐が催眠術にかかりやすいのもあるが)使いこなしています。

鈴は呪いの人形をとても可愛がっています(あまり研究はしていないみたい)。

 

感想

侵略!イカ娘で有名な安部真弘の作品です。

安部真弘はイカ娘が有名になりすぎて、それが高いハードルになってしまったとこの書籍のあとがきに書いていますが、この作品はそれぞれのキャラクターが魅力的でそのハードルを十分越えることができているのではないかと筆者は思いました。

 

文章:マフユノダリア

 

関連記事

関連記事

  1. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  2. 映画『ファントム』のご紹介
  3. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  4. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 下』
  5. ポーの四条件
  6. 短編小説『利用されているのに、未来に期待する愚かな男』
  7. 「努力=苦しい」から離れる
  8. 才能は天性だったとしても、努力を怠ってはならない
PAGE TOP