福祉・医療

  1. 利用者一人一人と向きあえるように、定員をしぼる福祉事業所がある

     A型作業所、B型作業所、就労移行支援では、利用者の人数を増やせば増やすほど補助金を多くもらえる。それゆえ、人数をかき集めることに意識を向ける事業者は多く、定員上限まで利用者を受け入れる施設が多くを占める。…

  2. 就労移行の就職率は充分といえるのか?

     就労移行における一般就労率は26~27パーセントとなっています。(2017年現在)…

  3. 障碍者、健常者の苦しみは異なる

     障碍者は目に見える形で苦労し、健常者は形に現れないところで苦しんでいる。&nb…

  4. 就労定着支援の問題点

      就労定着支援の事業所説明を読んでいると、就職半年後から三年間にわたって支援を行う…

  5. A型、B型作業所から一般就労しようと思う利用者が取る行動

    「A型作業所、B型作業所の就職率はかなり低い」というテーマで、A型作業所、B型作業所…

  6. 障碍者施設は、能力の低い利用者を優遇するシステムを採用

  7. 障碍の種類を絞って支援する事業所もある

  8. A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる

  9. A型作業所、就労移行支援などの年齢要件見直し

  10. 精神安定剤の服薬をやめよう

  11. 障碍者にとってのテレワークの良さ

  12. 就労定着支援を行っている就労移行事業所を利用しよう

  13. 障碍者にとって一般枠、障害者枠のどちらであっても厳しい

  14. 土曜や日曜にデイケアを利用してみよう

  15. 障碍者の生涯工賃と比べてみた

  16. 障碍者同士であっても、分かり合えないことは多い

  17. 企業は障害者雇用を本当はしたくない

  18. 自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから無理

  19. 薬の副作用でアカシジアになるとどうなるか

  20. 支援機関は一部の障碍者の人間性を否定する場所

  21. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある

  22. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業

  23. 睡眠導入剤の副作用の説明

  24. 障碍者本人が主役になろう

  25. B型作業所に通う場合の注意点

  26. B型作業所でeスポーツのプロでお金を稼ごうというものがあった

  27. A型作業所に通う場合の注意点

  28. 障碍者支援の問題点

  29. 違和感のある支援者の発言

  30. 障碍者支援機関との関係を切るのを最終目標にしよう

  31. 障碍を持っていると正しいはずの答えが間違いとなることも少なくない

  32. 障碍者として生まれたために失ったもの

  33. 『統合失調症』と薬物療法

  34. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい

  35. 精神科であったやり取り

おすすめ記事

コロナウイルスが急激に広がりを見せている2

 中国で広がりを見せつつあるコロナウイルスは、国内外に広がりつつある。感染者は500…

ワークショップbrio

知的障害、精神障害、身体障害、難病、一人ひとりの特性に合わせた支援と作業提供を行う。また地域の方々や…

障害福祉サービス事業所しおかぜ

・ 利用者の人格を尊重して支援を行います。 ・ 利用者ひとりひとりのニーズに応じた支援を行います。 …

自立サポートセンター 工房ういんくる

保健、医療、福祉、教育、及び産業に関わる地域の諸機関、関係者、ボランティア等、及び地域住民との連携と…

発達障碍者に推奨される仕事

 発達障碍者が企業で長続きしにくいのは、脳に反する命令を送る機会が一般と比べて多いか…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP