人生

善知識

 

自分の悪いところは、なかなか自分では気づけないことが多い。

 

人と接して初めて自分の悪いところを学ぶことが出来るのは、非常に有り難いことです。

 

はじめは、指摘されて、苦しむことになり、反対に相手のことを恨んだり憎んだりしてしまう事もありますが、的を射ているので、深く自己反省して自分を見つめると、自己の過ちに気づくことが出来ます。

 

有難いことです。

 

仏典に、

 

「されば、仏になるみちは善知識にはすぎず。わがちえなににかせん。ただあつき・つめたきばかりの智慧だにも候ならば、善知識たいせちなり。」

 

とあります。

 

「ゆえに仏になる道は善知識にまさるものはない。我が智が何の役に立とうか。ただ暑さと寒さを知るだけの智だけでもあるならば、善知識に求め近づくことが大切である」という意味です。

 

善知識とは、良き友という意味です。

 

これは、仏になる道という事ですが、自己成長とも相通じると思います。

 

人は、他人の悪いところなどはよく気づけますが、自分の悪いところはなかなか気づくことが難しいものでしょう。

 

そして人は、社会で生きています。一人だけで生きているのではありません。

 

教えてもらっていることに、社会で生きていることに感謝しかありません。

 

また、良書も良き友になります。

 

過ちを犯した過去は変えることは出来ませんが、今これからのことは、自分で作っていくことが出来ます。

 

過去にとらわれることなく、現在から未来に向かって、良き方へと自分を変えていきたい。

 

なので、そのような社会を自己成長の場所と捉えていきたいものですね。

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元 https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F7072%2F7081042823_42a4e5f91b_c.jpg&s=574cc607df55f35348d9779aad5b34f7

関連記事

  1. HSPについて
  2. 良心を信じたい
  3. 生きる喜び
  4. 金持ち家の子が不良化し、社会的行動することへの批判
  5. 性格診断・心理テスト3選!
  6. 教育の目的
  7. 誰かのためではなく自分のために頑張る
  8. 1パーセントのひらめきと99パーセントの努力は間違った解釈が広が…

おすすめ記事

Ark

一人一人の人格を尊重し、自立した生活に向けて必要なサービスを提供すると共に、障がいの有無に関わらず全…

たなごころ

私たちは、障がい者が輝いて仕事が出来る場所を提供し、地域社会に貢献していくことで、 ノーマライゼーシ…

レッツビギン

松本障害者雇用支援センター 

利用者及び保護者の意思及び人格を尊重し利用者等の立場に立った適切な事業を提供します。利用者が自立した…

就労継続支援B型事業所 久山学園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

新着記事

PAGE TOP