人生

必死になりすぎる人は危ない

 

 ものごとに対して無頓着であることは問題だけど、こちらにとっての被害はほとんどないため、放っておけば何も起きない。

 

 問題を起こしやすいのは、執着心を持ちすぎる人。このタイプは一番の危険人物ではなかろうか。

 

 執着心を持つタイプは他人のことを思いやっているように見えるけど、真反対であることも珍しくない。自分の欲求を通す、他人よりも親切であることをアピールしたいという本質が見え隠れしている。誰からも受け入れられない、寂しさを紛らわせようとしているというのもありえる。

 

 このタイプはおそろしいほど、独りよがりであるタイプが多いのも特徴。他人に良い印象を与えている、感謝されているといった根拠のない自信を持つ。どこからそんなものがわいてくるのか、当人に確認したいレベルだ。

 

 被害妄想に陥りやすいのも大きな特徴。自分は受け入れられない、他人から迫害されているといった感情を自分に勝手に植え付けていく。ときには敵対心を生み出し、思い通りにならない相手を攻撃しようとさえする。そうならなかったとしても、悪い方向に進む確率は非常に高い。

 

対人関係の基本となるのは、評価するのはすべて相手であること。こちら側の意思については一ミリたりとも考慮されない。どんなに手を尽くしたとしても、相手のためにならなければ0点なのである。その部分を常に頭に入れておかなければならない。

 

何事もほどほどが一番、このことを頭に置きながら行動しよう。必死にならないことによって、良い結果をもたらすことにつながっていくのではなかろうか。相手への負担も減るので、心おきなく付き合えるようになる。

 

*必死すぎると、他人からドン引きされてしまいます。評価を落とすことにつながるので、極力避けるようにしましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 心の不調の解決
  2. 自己肯定感
  3. 精進していこう
  4. 雑学よりも人のためになることを学ぼう
  5. 明日の命はわからないのです
  6. A型の男性とよりを戻したいと思う女性へ
  7. 悪口ばかりをいう人
  8. 自己管理
PAGE TOP