福祉・医療

アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある

 

  以前にアルコール中毒からの脱却を図る、B型作業所について書きました。今回は他の依存症対策に取り組んでいる、障碍者事業所について書いていきたいと思います。

 

 障碍者事業所はアルコールだけでなく、薬物、ギャンブル依存から脱却を目指しています。これらをやめることによって、社会復帰を図ろうというのを趣旨としています。

 

 アルコール、薬物、ギャンブルは非常に依存性は高く、のめりこんでしまうと人生を棒に振ることも珍しくありません。やめようと思いついたとしても、依存性の強さゆえにやめられる人は少ないです(コロナ影響下によるパチンコ依存はニュースで取り上げられた)。 

 

 同じ苦しみを持つ者を、一ヵ所に集めようとするのはいいことだと思います。人間は己の苦しみを打ち明けられる人間を求めている人が多いです。己の苦しみを吐き出せる環境に身を置くことで、安心感を得られるのではないでしょうか。

 

 アルコール、薬物、ギャンブルは簡単にやめられるものではありません。こういう場所をきっかけにして、一人でも多くの人間が社会復帰するのを応援しています。

 

*アルコール、薬物、ギャンブルからの依存からの脱却を目的としているのは、以下の事業所となります。近くにあり、アルコール、薬物、ギャンブルづけの生活を辞めたい人は通所してみてはいかがでしょうか。(事業所の通所条件などは自分でお調べください)

アディクションリハビリテーションセンター すとぉりぃ (東京都の世田谷区にあります)

 

関連記事

アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  2. 発達障碍支援で行われるのは人間否定、業務放棄
  3. 精神科のケースワーカーで感じた、利点と限界
  4. 自殺者数が減少傾向にある
  5. 長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介…
  6. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  7. 発達障碍、精神障碍はもっと分かりやすく明記してほしい
  8. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業

おすすめ記事

ほほえみ相談支援事業所

①利用者本意の支援、その人らしい暮らしの実現               ②居住系サービスを核とした…

相談支援事業所 ひかり

利用者が地域でその有する能力を生かした生活を営むことができるように配慮し、利用者の心身の状況やその置…

東米里菌床センター

安定した菌床製造と従業者・利用者の作業提供、工賃の向上 コストの削減を図ると共に利益の追求 菌床販売…

JESD蒲田

弊社では、就労できる適切なタイミングになった段階で積極的に就労準備に入り、実際に就労し事業所を卒業し…

いんべ通園センター

利用者の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏まえた個別支援計画を作成し、これに基づき利用者に対して…

新着記事

PAGE TOP