福祉・医療

アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある

 

  以前にアルコール中毒からの脱却を図る、B型作業所について書きました。今回は他の依存症対策に取り組んでいる、障碍者事業所について書いていきたいと思います。

 

 障碍者事業所はアルコールだけでなく、薬物、ギャンブル依存から脱却を目指しています。これらをやめることによって、社会復帰を図ろうというのを趣旨としています。

 

 アルコール、薬物、ギャンブルは非常に依存性は高く、のめりこんでしまうと人生を棒に振ることも珍しくありません。やめようと思いついたとしても、依存性の強さゆえにやめられる人は少ないです(コロナ影響下によるパチンコ依存はニュースで取り上げられた)。 

 

 同じ苦しみを持つ者を、一ヵ所に集めようとするのはいいことだと思います。人間は己の苦しみを打ち明けられる人間を求めている人が多いです。己の苦しみを吐き出せる環境に身を置くことで、安心感を得られるのではないでしょうか。

 

 アルコール、薬物、ギャンブルは簡単にやめられるものではありません。こういう場所をきっかけにして、一人でも多くの人間が社会復帰するのを応援しています。

 

*アルコール、薬物、ギャンブルからの依存からの脱却を目的としているのは、以下の事業所となります。近くにあり、アルコール、薬物、ギャンブルづけの生活を辞めたい人は通所してみてはいかがでしょうか。(事業所の通所条件などは自分でお調べください)

アディクションリハビリテーションセンター すとぉりぃ (東京都の世田谷区にあります)

 

関連記事

アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 地域相談支援で唯一役立つこと
  2. 支援者と利用者【障碍編】
  3. B型作業所の工賃の差はあり、なし?
  4. 障碍者が一般会社で働く難しさ3
  5. 奇抜な発想が役立つ職業もある
  6. 障碍について【先天性と後天性の違い】
  7. 竹炭、竹酢などを製造するB型事業所の紹介
  8. 採用面接官が障碍者を不採用にする理由

おすすめ記事

就労サポートセンターかみまち

相談支援センターさくら

障害者(主に、精神障害者)及び介護を行う方の福祉に関する各般の問題につき、障害者等からの相談に応じ必…

相談支援事業所みらい

1事業所は、利用者等が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福…

森の木ファーム

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

結−you

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP