福祉・医療

アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所

 

 福祉事業所において、アルコール依存から脱却することで、日常生活を取り戻していこうという事業所を発見した。障碍の種類を限定する(精神障碍や発達障碍など)事業所はちらほら見かけるものの、アルコール依存者を対象とするのは非常に珍しい。これまでに多くの事業所の企業理念を目に通したものの、アルコール依存から脱却することで、日常の生活を取り戻していこうという企業理念は見たことはなかった。

 

 お酒は適量なら問題ないものの、飲みすぎることによって人間性は変わってしまう。攻撃的な性格になり、人に迷惑をかける事例はあとを絶たない。逮捕されて人生を棒に振るケースもあるなど、自分にも甚大な被害をもたらす。

 

 知らない人もいるかもしれないけど、アルコール依存は精神障碍者手帳の対象となる(初診から6か月以上の経過及び断酒していることが手帳取得の条件)。国はアルコール依存は、立派な病気だと認定している。

 

 断酒をすることによって人生を改善する。こういった理念を掲げる事業所が増えていくことで、アルコール依存者は減っていくのではなかろうか。

 

*アルコール依存者を対象とした事業所をあげます

https://www.dt-ws.jp/

©新生したまち作業所

 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者総合支援法(令和3年)
  2. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 上』
  3. 聴覚障碍者向けの就労移行支援事業所がある
  4. 障碍者は常に理不尽を強いられる
  5. 支援者の質を問う
  6. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?
  7. 精神科の初診時にすること
  8. 障碍者事業所の方針を読んだ感想

おすすめ記事

サフラン

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

天使の郷

個人の能力を活かし自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るように支援を行い社会に役に立つ企業を…

中津市障がい者等基幹相談支援センター

1. 小さな悩みでも気軽に相談できるセンターを目指します。 2. 地域の相談支援の拠点として連携を図…

野球にはスイッチピッチャーもいる

 野球でスイッチヒッターという言葉を耳にする機会は多い。スイッチヒッターとは両打席で…

たんぽぽ 

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の目的に沿って、地域で暮らす障害者の日中活動…

新着記事

PAGE TOP